オッドーネ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オッドーネ・ディ・サヴォイアOddone di Savoia, 1010年または1020年 - 1057年)は、サヴォイア伯アオスタ伯、モーリエンヌ伯(在位:1051年 - 1057年)。フランス語名オトン・ド・サヴォワ(Othon de Savoie)。先代アメデーオ1世の弟で、先々代ウンベルト1世ビアンカマーノの四男。

本来は爵位を継ぐ立場になかったが、長兄アメデーオ1世が男子継承者を持たずに没し、2人の兄も聖職者になっていたために伯位を継承する幸運を得た。オッドーネはフランク王国時代のネウストリア王国に由緒を持つスーザ女伯アデライデ (Adelaide of Susaと結婚しており、彼の爵位継承でサヴォイア家は大きく領土を拡大した。サヴォイア家は現在のイタリアフランス国境に領土を持っていたが、オッドーネは積極的にイタリアでの領土拡大を進め、ピエモンテ地方の大部分を獲得するに至った。

長女ベルタは後にザーリアー朝神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の妃に選ばれてハインリヒ5世を生んだため、オッドーネはハインリヒ5世の祖父としてオットー・フォン・ザヴォイエン(Otto von Savoyen)とドイツ名で呼ばれることもある。一方、次女のアデライデ2世はハインリヒ4世の政治的ライバルだったシュヴァーベン公ルドルフに嫁いでいる。

オッドーネとアデライデの間には以下の子供が生まれた。

1057年の死後は長男ピエトロ1世が後を継いだ。