アブド・アル=ハック2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブド・アル=ハック2世(Abd al-Haqq ibn Uthman Abu Muhammad、? - 1465年)は、モロッコに存在していたマリーン朝スルターン君主、在位:1420年[1]/21年[2] - 1465年5月19日)。アブー・サイード・ウトマーン3世の子。1420年ワッタース家出身の宰相の下で即位し、1465年まで名目上のスルターンとして王位を保持した[3]

生涯[編集]

1420年に父のアブー・サイード・ウトマーン3世が暗殺された後、1歳のアブド・アル=ハック2世が王位に就けられた[1]。アブド・アル=ハック2世が即位して間もなく、他の王族が王位を要求して後継者争いが勃発する[4][5]

ワッタース家のアブー・ザカリヤー英語版はマリーン朝内の政敵に対抗するためにアブド・アル=ハック2世を支持し、王室と婚姻関係を築いた[1]。アブド・アル=ハック2世統治下のモロッコは間も無く混乱に陥り[4]、ワッタース家の影響力はマリーン朝のほぼ全域に及ぶようになる[1]

成長したアブド・アル=ハック2世は、1437年にアブー・ザカリヤーを宰相職から罷免する[6]。同年にマリーン朝はタンジールポルトガルの攻撃から守り抜く。防衛の成功は国民の士気を上げ、守備隊を指揮していたアブー・ザカリヤーの威信を高めた[2]1438年に首都フェズイドリース朝の君主イドリース2世の墓がほんの偶然から「発見」され、墓廟は巡礼者にとって重要な目的地とされる[7]

1458年にアル=ハック2世はワッタース家の人間を虐殺し、代わりにユダヤ教徒を要職に就けた[2]。アル=ハック2世が起用したユダヤ教徒たちはイスラム教徒を圧迫し、ユダヤ教徒にとって有利な裁定を下したため、マリーン朝内のイスラム教徒の不満は高まった[2]。ユダヤ教徒の警察長官フサイン・アル=ヤフーディーがシャリーフ(預言者ムハンマドの子孫)の女性を尋問し、侮辱したことが引き金となってフェズ市民の不満が爆発した[8]。1465年5月19日にアル=ハック2世は新フェズで市民に襲撃され、殺害された[9]

アル=ハック2世の死によってマリーン朝は滅亡し、シャリーフの政権が一時的にモロッコを統治した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 那谷 1984, pp.195-196
  2. ^ a b c d 私市 1999, p.116
  3. ^ Bosworth 1996, p.41
  4. ^ a b Julien 1931, pp.195-196
  5. ^ Abun Nasr 1987, p.114
  6. ^ Julien 1931, p.196
  7. ^ Powers 2002, p.14
  8. ^ 私市 1999, pp.116-117
  9. ^ 私市 1999, p.117

参考文献[編集]

  • 私市正年「マグリブ中世社会のユダヤ教徒―境域の中のマイノリティ」『イスラーム世界の発展』収録(岩波講座 世界歴史10, 岩波書店, 1999年10月)
  • 那谷敏郎『紀行 モロッコ史』(新潮選書, 新潮社, 1984年3月)

翻訳元記事参考文献[編集]

先代:
アブー・サイード・ウトマーン3世
マリーン朝
1420年/21年 - 1465年
次代:
滅亡