アブドゥッラー (ティムール朝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブドゥッラー(? - 1451年)は、ティムール朝の第6代君主(在位:1450年 - 1451年)。第3代君主シャー・ルフの子でファールス地方の支配者であったイブラヒムの子。

アブドゥッラティーフにより投獄されるが、暗殺後支持者により釈放されて、サマルカンド政権の支配者となる。しかし、翌年反乱を起こしたアブー・サイードに敗れ、処刑された。

先代:
アブドゥッラティーフ
ティムール朝の君主
1450年 - 1451年
次代:
アブー・サイード