アブサンウイロイド科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブサンウイロイド科
分類
階級なし : Subviral agents
階級なし : ウイロイド Viroids
: アブサンウイロイド科
Avsunviroidae

本文参照

アブサンウイロイド科(Avsunviroidae)は、ウイロイドの科である。3つの属が含まれる。246から375の長さのRNAゲノムで構成されている。一本鎖の円形で、分子内塩基対を持つ。全てが保存中央ドメインを欠いている。

複製[編集]

複製は、植物細胞葉緑体の中で起こる。複製の主な特徴としては、ヘルパーウイルスを必要とせず、タンパク質はコードされない。もう1つのウイロイドの科であるポスピウイロイド科と異なり、アブサンウイロイド科は、対称なローリングサークルで行われると考えられている。一方のRNA鎖が鋳型となり、RNAポリメラーゼIIでもう一方のRNA鎖を形成する。新しいRNA鎖は、リボザイムの働きによって切断され、環化される。複製の起こる場所は未知であるが葉緑体と考えられ、マグネシウムイオンを必要とする。

構造[編集]

ヘアピンループや分岐を持つ棒状の構造をしていると予測されている。

分類[編集]

出典[編集]