アフマド・ジャンナティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イランの政治家
アフマド・ジャンナティー
احمد جنتی
生年月日 1927年
出生地 エスファハーン
現職 監督者評議会書記
親族 アリー・ジャンナティー(息子、現文化・イスラム指導大臣)

イランの旗 監督者評議会書記
任期 1988年 -
最高指導者 ルーホッラー・ホメイニー
アリー・ハーメネイー
テンプレートを表示

アフマド・ジャンナティーペルシア語: احمد جنتی‎、Ahmad Jannati、1927年 - )は、イランシーア派ウラマーアーヤトッラー)、政治家。監督者評議会書記(議長)、専門家会議議員、公益判別会議議員。エスファハーン出身[1]

最高指導者アリー・ハーメネイーの盟友。保守強硬派で、アフマディーネジャード大統領の支持者である[2]

監督者評議会書記(議長)を1988年からつとめている。

現文化・イスラム指導大臣(2013年8月-)のアリー・ジャンナティーは息子[3]

脚注[編集]

  1. ^ A Year Later: Suppression Continues in Iran”. IRAN HUMAN RIGHTS Documentation Center. 2012年12月25日閲覧。
  2. ^ 松永泰之「イランの核問題と保守派政権
  3. ^ “Key figures in the Cabinet of Iran’s new president”. The Washington Post. (2013年8月16日). オリジナル2013年8月16日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/EpnmJ 2013年8月16日閲覧。