アビ・モーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アビ・モーガン
本名 アビ・モーガン
生年月日 1968年
出生地 ウェールズの旗 ウェールズカーディフ
職業 脚本家・劇作家
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1998年 - 現在
主な作品
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
SHAME -シェイム-

アビ・モーガンはイギリス人の脚本家・劇作家。主な作品は、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、『SHAME -シェイム-』など。

来歴[編集]

ウェールズ州・カーディフ生まれ[1]。母親は女優のパット・イングランド、父親は劇場監督のガレス・モーガン。10代のときに両親が離婚。離婚後、母親はイギリス各地の劇場に出演して生計を立てており、仕事が見つかる度に引越しをしていたので[2]、アビは6回も転校をした[3]。女優の姉がいる。夫は俳優のジェイコブ・クリチェフスキ[4]。2人の間には子供が2人おり、ロンドン郊外で暮らしている[5]

モーガンは最初は女優を目指していたが、エクセター大学で脚本や文学を読むうちに作家を志すようになり[2]、大学卒業後、セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマの大学院課程にて脚本・劇作を学んだ[4]。2013年、『The Hour』で第65回エミー賞 ミニシリーズ/テレビムービー部門の脚本賞を受賞している。

主な作品[編集]

映画[編集]

TVドラマ[編集]

舞台[編集]

  • Skinned (1998)
  • Sleeping Around (1998) - Mark Ravenhill, Stephen Greenhorn, Hilary Fanninとの共同執筆
  • Fast Food (1999)
  • Splendour (2000)
  • Tiny Dynamite (2001)
  • Tender (2001)
  • Monster Mum (2005)
  • Fugee (2008)
  • Chain Play - Production II - Neil LaBute, Mike Poulton, Tanya Ronderとの共同執筆
  • The Night is Darkest Before the Dawn (2009) - 『The Great Game: Afghanistan』の1作品
  • Lovesong (2011)
  • 27 (2011)
  • The Mistress Contract (2014)

脚注[編集]

  1. ^ Writer Abi Morgan has last laugh at the Emmys”. Wales Online (2013年9月23日). 2013年9月23日閲覧。
  2. ^ a b Nigel Farndale (2011年7月12日). “Abi Morgan interview”. Daily Telegraph. 2013年11月8日閲覧。
  3. ^ Aidan Smith (2010年5月2日). “Interview: Abi Morgan, screenwriter”. The Scotsman. 2013年11月8日閲覧。
  4. ^ a b Abi Morgan: Cometh the hour”. The Stage (2011年7月15日). 2013年11月8日閲覧。
  5. ^ The Tatler List”. Condé Nast UK. 2013年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]