SHAME -シェイム-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SHAME -シェイム-
Shame
監督 スティーヴ・マックイーン
脚本 スティーヴ・マックイーン
アビ・モーガン
製作 イアン・カニング
エミール・シャーマン
製作総指揮 テッサ・ロス
ロバート・ウォラク
ピーター・ハンプデン
ティム・ハスラム
出演者 マイケル・ファスベンダー
キャリー・マリガン
音楽 ハリー・エスコット
撮影 ショーン・ボビット
編集 ジョー・ウォーカー
製作会社 フィルム4
UKフィルム・カウンシル
アライアンス・フィルムズ
リップシンク・プロダクションズ
ハンウェイ・フィルムズ
シーソー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
イギリスの旗 モメンタム・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年12月2日
イギリスの旗 2012年1月13日
日本の旗 2012年3月10日
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 650万ドル[1]
興行収入 $2,261,368[2]
テンプレートを表示

SHAME -シェイム-』(Shame) は、2011年イギリスドラマ映画。2008年の『ハンガー』に続くスティーヴ・マックイーン監督、マイケル・ファスベンダー主演作品。ファスベンダーはマックイーンとアビ・モーガンが脚本を執筆したこの映画で、性依存症を抱え、キャリー・マリガン演じる妹が彼の住むニューヨークへ同居しに来たことから生活が崩壊していく30代の男を演じた。

キャスト[編集]

製作[編集]

2010年9月に製作準備が整い[3]、2010年12月、キャリー・マリガンジェームズ・バッジ・デールの出演が決まった[4]

撮影は2011年1月にニューヨークで始まり、3月に終わった[5]

公開[編集]

映画は2011年9月4日、第68回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で初上映され、ファスベンダーはヴォルピ杯男優賞を受賞した[6]。映画はほかに第34回トロント国際映画祭、第49回ニューヨーク映画祭英語版、第55回ロンドン映画祭、第34回Starzデンバー映画祭を回った[7]

イギリスでは2012年1月13日に一般公開される[8]。アメリカではフォックス・サーチライト・ピクチャーズがトロントで配給権を購入し[9]、2011年12月2日の公開を決めた[10]

映画はアメリカ映画協会によって「NC-17」(17歳以下観覧禁止) の指定を受けたが、フォックス・サーチライト・ピクチャーズは再審査の要請や作品のカットによって比較的制限の少ないR指定への引き下げを図ることをしなかった。同社の社長スティーヴン・ジルラはこれについて「NC-17は緋文字ではなく、名誉勲章だと思う。我々は今こそこのレイティングが前向きに使えるようになる時だと信じている」と語った[11]

日本では映画倫理委員会 (映倫) が多数の箇所に修正を入れない限り区分適用外、すなわち上映不許可とする判断を示したため、配給元はマックイーンと協議の上公開を決めた[12]

評価[編集]

本作は概ね高い評価を得た。映画のレビューを集積するウェブサイトRotten Tomatoesは、116件のレビューを基に本作に対する好意的なレビューの割合を78%、評価の平均を7.4/10、批評家の総意を「マイケル・ファスベンダーキャリー・マリガンの輝かしい演技を誇る『SHAME -シェイム-』は、依存症の苦しさの妄執への力強い飛び込みである」としている[13]。有力媒体の批評から100点満点の加重平均値を導くMetacriticは33件の批評を基に71という「広く好意的な評価」の値を示している[14]

シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは本作を「勇敢で誠実」な「力強い映画」と呼び、「これは映画作りと演技のすばらしい行いだ。これが二度見られるとは思えない」といって4/4個の星をつけた[15]。『ハリウッド・リポーター』のトッド・マッカーシーは「すばらしくおそろしいマイケル・ファスベンダーの演技が運ぶ『SHAME -シェイム-』は紛うことなき狂気を孕んだ道程であり、ドラッグへの渇望のごとくすべてをのみこむ性依存症例の焼けるような観察である」と映画を讃えた[16]

バラエティ』のジャスティン・チャンも好意的なレビューを寄せ、「2008年のデビュー作『ハンガー』の魅惑の姉妹編である、このより親しみやすく、しかし同時に妥協を許さないドラマは、再びマイケル・ファスベンダーが一人の俳優にできるあらゆる意味ですべてを脱ぎ捨て、マックイーンの厳格にして思いやりある詮索に応えるように、またも人間の身体の使用と悪用に注視する」と書いた[17]

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
ヴェネツィア国際映画祭 ヴォルピ杯男優賞 マイケル・ファスベンダー 受賞
FIPRESCI賞作品賞 『SHAME -シェイム-』 受賞
シネマヴェニーレ賞作品賞 『SHAME -シェイム-』 受賞
セビリア・ヨーロッパ映画祭 金ヒラルディジョ賞監督賞 スティーヴ・マックイーン 受賞
主演男優賞 マイケル・ファスベンダー 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 スポットライト賞 マイケル・ファスベンダー[注 1] 受賞
インディペンデント映画トップ10 『SHAME -シェイム-』 受賞
英国インディペンデント映画賞 主演男優賞 マイケル・ファスベンダー 受賞
作品賞 『SHAME -シェイム-』 ノミネート
監督賞 スティーヴ・マックイーン 受賞
脚本賞 スティーヴ・マックイーン、アビ・モーガン ノミネート
助演女優賞 キャリー・マリガン ノミネート
技術賞 ショーン・ボスビットの撮影 ノミネート
ジョー・ウォーカーの編集 ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・ファスベンダー ノミネート
助演女優賞 キャリー・マリガン ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・ファスベンダー[注 1] 受賞
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞 作品賞 『SHAME -シェイム-』 5位
監督賞 スティーヴ・マックイーン 受賞
ラスベガス映画批評家協会賞 トップ10 『SHAME -シェイム-』 9位
ヒューストン映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・ファスベンダー ノミネート
作曲賞 ハリー・エスコット ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 助演女優賞 キャリー・マリガン ノミネート
デトロイト映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・ファスベンダー 未決定
助演女優賞 キャリー・マリガン 未決定
サテライト賞 作品賞 『SHAME -シェイム-』 未決定
監督賞 スティーヴ・マックイーン 未決定
脚本賞 スティーヴ・マックイーン、アビ・モーガン 未決定
主演男優賞 マイケル・ファスベンダー 未決定
助演女優賞 キャリー・マリガン 未決定
編集賞 ジョー・ウォーカー 未決定
セントルイス映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・ファスベンダー 未決定
放送映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・ファスベンダー 未決定
助演女優賞 キャリー・マリガン 未決定
インディペンデント・スピリット賞 外国映画賞 『SHAME -シェイム-』 未決定

脚注[編集]

  1. ^ a b 危険なメソッド』、『ジェーン・エア』、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』を含むファスベンダーの演技に対する授賞。

参考文献[編集]

  1. ^ Fernandez, Jay A. (2011年9月6日). “Who Will Take a Chance on Michael Fassbender's Sex-Drenched, Gruesome 'Shame'? (Analysis)”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/risky-business/who-will-take-a-chance-231842 2011年12月15日閲覧。 
  2. ^ Shame”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月12日閲覧。
  3. ^ Lodderhose, Diana (2010年9月10日). “'Hunger' duo reunite in 'Shame'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118023812 2011年12月15日閲覧。 
  4. ^ Kemp, Stuart (2010年12月9日). “Carey Mulligan Joins Cast of Steve McQueen's Sophomore Feature 'Shame'”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/carey-mulligan-joins-cast-steve-58333 2011年12月15日閲覧。 
  5. ^ “A Dangerous Method” (PDF). ソニー・ピクチャーズ・クラシックス. http://www.sonyclassics.com/adangerousmethod/adangerousmethod_presskit.pdf 2011年12月15日閲覧。 
  6. ^ Nikkah, Roya (2011年9月10日). “Michael Fassbender wins best actor at Venice for sex-addict role”. デイリー・テレグラフ. http://www.telegraph.co.uk/culture/film/venice-film-festival/8755009/Michael-Fassbender-wins-best-actor-at-Venice-for-sex-addict-role.html 2011年12月15日閲覧。 
  7. ^ Cangialosi, Jason (2011年11月14日). “Review: 'Shame' at 34th Starz Denver Film Festival”. Yahoo! Movies. http://movies.yahoo.com/news/review-shame-34th-starz-denver-film-festival-234000056.html 2011年12月15日閲覧。 
  8. ^ de Sem, Phil (2011年8月3日). “Exclusive: Shame Gets A UK Release Date”. Empire (Bauer Consumer Media). http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=31666 2011年12月15日閲覧。 
  9. ^ Fleming, Mike (2011年9月9日). “Toronto: Fox Searchlight Acquires ‘Shame’”. Deadline New York (PMC). http://www.deadline.com/2011/09/toronto-fox-searchlight-to-acquire-shame/ 2011年12月15日閲覧。 
  10. ^ Han, Angie (2011年10月4日). “Steve McQueen’s ‘Shame’ Gets U.S. Release Date of December 2, 2011”. /Film. http://www.slashfilm.com/steve-mcqueens-shame-hit-december-2-2011/ 2011年12月15日閲覧。 
  11. ^ Kilday, Gregg (2011年10月25日). “'Shame' Officially Rated NC-17”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/shame-rated-nc-michael-fassbender-17-253247 2011年11月25日閲覧。 
  12. ^ “激しいセックス描写で話題の超問題作、日本公開決定”. モデルプレス. (2011年12月15日). http://mdpr.jp/021161782 2011年12月15日閲覧。 
  13. ^ Shame (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年12月12日閲覧。
  14. ^ Shame”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年12月12日閲覧。
  15. ^ Ebert, Roger (2011年11月30日). “Shame”. シカゴ・サンタイムズ. 2011年12月15日閲覧。
  16. ^ McCarthy, Todd (2011年9月4日). “Shame: Film Review”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2011年12月15日閲覧。
  17. ^ Chang, Justin (2011年9月4日). “Shame”. Variety. Prometheus Global Media. 2011年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]