アスパラギン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスパラギン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.2.1.11
CAS登録番号 9000-98-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

アスパラギン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ(aspartate-semialdehyde dehydrogenase)は、原核生物菌類および高等植物アミノ酸生合成において重要な酵素である。この酵素は、アスパラギン酸からのリシンメチオニンロイシンおよびイソロイシンの生合成経路において初期の段階で分岐点を形成する。また、この経路ではバクテリア細胞壁の形成で重要な働きをするジアミノピメリン酸も合成される。

この酵素は次の化学反応を触媒する。

L-アスパラギン酸-4-セミアルデヒド + リン酸 + NADP+ \rightleftharpoons L-4-アスパルチルリン酸 + NADPH + H+

反応式の通り、この酵素の基質はL-アスパラギン酸-4-セミアルデヒドリン酸NADP+、生成物はL-4-アスパルチルリン酸とNADPHとH+である。

組織名はL-aspartate-4-semialdehyde:NADP+ oxidoreductase (phosphorylating)で、別名にaspartate semialdehyde dehydrogenase, aspartic semialdehyde dehydrogenase, L-aspartate-beta-semialdehyde:NADP+ oxidoreductase (phosphorylating), aspartic β-semialdehyde dehydrogenase, ASA dehydrogenaseがある。

参考文献[編集]

  • BLACK S, WRIGHT NG (1955). “Aspartic beta-semialdehyde dehydrogenase and aspartic beta-semialdehyde”. J. Biol. Chem. 213: 39–50. PMID 14353904. 
  • Boyer, P.D., Lardy, H. and Myrback, K. (Eds.), The Enzymes, 2nd ed., vol. 7, Academic Press, New York, 1963, p. 203-221.