アゲハチョウ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゲハチョウ亜科
Papilio xuthus01.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目 Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科 : アゲハチョウ亜科 Papilioninae

アゲハチョウ亜科(Papilioninae)は、アゲハチョウ科を分類する3亜科の1つである。世界に約550が生息しており、日本では15種が生息する。

特徴[編集]

アゲハチョウ科の他亜科には見られない特徴としては、後胸の内板に達する顕著な副基節縫線(ふくきせつほうせん)をもつ。前翅(ぜんし)に長い肘横脈(ちゅうおうみゃく)またはベーサルスパー(主脈)をもつ(テングアゲハ族のみスパーが短い)。オスの第8腹節背板(ふくせつはいばん)に スペルンクス が生じる(一部のシロチョウ科クビワチョウなどにも見られる) などがあげられる。また、大型種が多く、太く長い尾をもつものが多いことや、を羽ばたかせながら吸蜜や吸水をする習性があるものが多い。

分類[編集]

アゲハチョウ亜科は、4に分類されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]