アグリコラ (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アグリコラ
Deskohraní 08-09-28 1028.jpg
デザイナー ウヴェ・ローゼンベルク (en
販売元 ドイツの旗 ルックアウトゲームズ (en
アメリカ合衆国の旗 ズィーマンゲームズ (en
オランダの旗 999ゲームズ (en
スペインの旗 Homolúdicus
日本の旗 ホビージャパン
プレイ人数 1~5人
対象年齢 12歳以上
準備時間 5~10分
プレイ時間 30~150分(人数×30分)
運要素
必要技能 経済運営、資産管理、戦略的思考

アグリコラ』(Agricola)は、ドイツのボードゲームである。ウヴェ・ローゼンベルク(Uwe Rosenberg)によってデザインされ、ルックアウトゲームズ(Lookout Games)から発売された。このゲームの目的は、未開拓の農場を開拓していき、畑を耕作して作物を育て、牧場に家畜を飼って、ゲーム終了時に最もバランスのとれた農場を築くことである。勝利するためには、休耕地をできるだけ少なくし、上質の素材からできたより大きなファームハウスを立てたほうがよい。また、プレイヤーは農場を世話する家族を始めの2人から5人まで増やすべきである。

2007年にまずシュピールで公開され、2009年1月にはホビージャパンから完全日本語版が発売された。

アグリコラは、2008年ドイツ年間ゲーム大賞の複合ゲーム賞と、ドイツゲーム大賞を受賞した。またこの年、ボードゲームサイト「BoardGameGeek」のランキングで、プエルトリコによる5年にわたる首位独走を終わらせている。

ゲームの概要[編集]

アグリコラの準備
牧場と厩
野豚

各プレイヤーははじめ、二人いる家族のための部屋を二部屋備えた、小さなファームハウスを持って出発する。 家族は、各ラウンドごとにその人数分だけプレイヤーがアクションを行うことを可能にする。そのアクションには、資材の収集、耕すことと種まき、家の拡張、進歩カードを出して農場を改良することなどがある。 利用可能なアクションの種類は、プレイ人数によって異なっており、各アクションは1ラウンドにつき1回だけしか行うことができない(ゲームは計13ラウンドから構成される)。

このゲームには、2種類のルールが用意されている。すなわち、ファミリールールと標準ルールである。ゲームのメインボードは、裏表両面が利用可能になっていて、片面がファミリールールのためのもの(二人の大人と一人の子供が描かれたアイコンで示されている)、もう片面が標準ゲームのためのものである。標準ゲームを遊ぶとき、プレイヤーは二種類のカードセットを各7枚ずつ配られる。一方のセットは、木こり、パン屋、ネズミ捕りなどの職業カードであり、 もう一方のセットは、釣竿、改良型鋤、マメ畑などの小さな進歩カードである。それぞれのカードは、プレイヤーに追加の食料や資材などの形でわずかずつではあるがアドバンテージを与える。ファミリーゲームのルールは、職業と小さな進歩のカードが用いられない以外は、標準ゲームと同一のルールである。[1]

169種類もの職業カードと、139種類の小さな進歩カードが用意されているので、ゲームのはじめにどのカードが配られるかで、毎回異なるゲームを遊ぶことができるだろう。

ゲームが進行し、プレイヤーが自分の家を拡張すると、新たな家族を加えることができ、より多くの回数のアクションをこなすことが可能になる。また、毎ラウンド新しい種類のアクションが利用可能となっていき、野菜や動物(羊、野豚、牛)を手に入れて、育成や栽培・繁殖、調理することができるようになる。

数ラウンドごとに収穫が行われ、そこで穀物の収穫と家畜の繁殖、そして最も重要な家族への食料の供給が行われる。 食料供給は、失敗するとプレイヤーの得点を大きく減らすので、このゲームにおいてプレイヤーが最も苦労する局面である。

食料供給を乗り越えると、プレイヤーは最も豊かな農場づくりのバランスを模索しなければならない。なぜなら、各作物や動物、建物(畑と牧場)が少なくともひとつずつは農場にないと、プレイヤーはゲームの終わりにペナルティを受けるからである。 結果農場は多様なものがよりよいものとされるから、このゲームにおいて成功する戦略は、特定の部分に集中し特化しすぎるのではなく、多くのゲーム要素にいつも関わっていくことなのである。

拡張セット[編集]

大規模なもの[編集]

アグリコラ拡張セット「泥沼からの出発」
エッセン 2009で公開された 「泥沼からの出発」は、新しい大きな進歩カードと小さな進歩カードをゲームに導入する。 馬を集め、家畜のように繁殖させることができるようになり、ゲームの終わりに馬は一匹につき一点になる。 また、農場に配置されるようになった泥炭から集められた燃料で、家を暖めなければならなくなった。
ゲーマーズデッキ(Gデッキ)
エッセン 2010で公開されたゲーマーズデッキは、119種類の小さな進歩カードと職業カードを含んだ、中規模の拡張セットである。 追加されるカードは、単独でも遊ぶこともできるし、他のデッキと混ぜて遊ぶこともできる。日本語版は未発売である。
世界選手権デッキ
アグリコラ世界選手権デッキは、115種類のカードを追加する。60の小さな進歩カードと50の職業カードが小デッキに分けられている。このデッキはもともと、ウィーンで開かれた第一回アグリコラ世界選手権(2011年)のために用意されたものである。
NLデッキ
NLデッキは、120のカードをアグリコラに導入する。60の小さな進歩カードと60の職業カードは、単独でも、他のデッキと混ぜても遊ぶことができる。 風車にチーズ、チューリップなどがあるオランダをテーマに、新しいゲームを楽しむことができる。日本語版は未発売。
The Goodies
2010年に公開されたThe Goodiesは、オリジナルのアグリコラに、たくさんの小さな拡張要素を追加する。 ゲームを補完する木製のコマも付属している。日本では、「アグリコラプレミアムグッズ」として発売された。The Goodiesには、以下のものが含まれる。:
  • アグリコラXデッキ、アグリコラÖデッキ、アグリコラCZデッキ、アグリコラLデッキ
  • 5種類の異なったテーマの農場ボード。ウエスタン、春、秋、冬、そして火星である。
  • ステッカーシート(70のステッカーがある) -- 35の大人のステッカー、33の子供のステッカー、宇宙人と狼人間のステッカー各1つ。
  • 木製のコマ -- 野菜コマ、動物コマ、資材コマ

小規模なもの[編集]

CZデッキ
チェコの一地方をテーマにした拡張デッキで、12の職業カードと12の小さな進歩カードから成る。 チェコとドイツのほかは、The Goodiesの内容物としてのみ入手できる。
Lデッキ
14種類のカードから成り、Essen 2008で個人的に配布されたものである。
Öデッキ
12の職業と12の小さな進歩から構成され、オーストリア人がテーマになっている。
Xデッキ
5タイプのカードセット(異星人のアクション、宇宙からの商人、異星人の人工物、異星人イベント、そして異星人の職業)であり、Spielbox Magazine: 2008 issue 5で公開された。
Zデッキ
12ずつの職業と小さな進歩から構成される。日本語版未発売。
Through the Seasons
4つのアクションスペースが印刷されたゲームボード。Essen 2008で配布された。日本語版未発売。

受賞[編集]

2009年

  • BoardGamer.ru Game of the Year
  • Lucca Games Best of Show (イタリア) Side Award Best Game Mechanic
  • オランダゲーム賞 Winner
  • Ludoteca Ideale 2009, Game of the Year
  • Jogo do Ano 2008 Spiel Portugal (ポルトガル) Winner
  • Gra Roku Game of the Year (ポーランド) Winner
  • Gra Roku - Gamers' Choice (ポーランド) Winner
  • Gra Graczy - Gamesfanatic.net (ポーランド) Winner
  • Golden Ace (フランス) Special Jury
  • Les 3 Lys (カナダ) Hobbyist Game Winner

2008年

  • ゴールデン・ギーク賞 Best Gamer's Board Game Winner
  • ゴールデン・ギーク賞 Board Game of the Year Winner
  • ドイツ年間ゲーム大賞 "Complex Game" Winner
  • J.U.G.賞(ポルトガル) Game of the Year Winner
  • ドイツゲーム大賞 Game of the Year Winner
  • 国際ゲーマーズ賞 General Strategy/Multi-player Game
  • チェコゲーム工業会賞 Winner
  • Spiel der Spiele (オーストリア) Spiele Hit für Experten (Hit Games for Professionals)
  • トリック・トラック賞(フランス)Winner
  • スペイン年間ゲーム大賞 Winner
  • 81st game to be added to the Austrian Hall of Games

2008年ノミネート

2007年

  • Meeples' Choice Award Winner

引用[編集]

外部リンク[編集]