アカムツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカムツ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ホタルジャコ科 Acropomatidae
: アカムツ属 Doederleinia
: アカムツ D. berycoides
学名
Doederleinia berycoides
(Hilgendorf, 1879
英名
Rosy seabass

アカムツ(赤鯥[1]、学名:Doederleinia berycoides)とはスズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科に属する暖海性魚類である。スズキ科とする分類もある。別名、ノドグロ(喉黒)。なお、スズキ目ムツ科のムツとは別種である[1]。ムツと違ってアカムツには両顎に犬歯がない[2]

特徴[編集]

全長約40cm。体型は楕円形で、側偏する。背側の体色は赤紅色で、腹側は銀白色。櫛鱗をもつ。口の奥が黒いので、「ノドグロ」の名がある[3]。他にもメキン、ギョウスン、キンギョウオなどの呼称がある[4]。甲殻類、イカなどを捕食し、6月から10月にかけて産卵する[5]

分布[編集]

分布は太平洋西部。日本から東南アジアオーストラリアまで。日本では関東より南の太平洋や、新潟、九州の海に生息[6]

生態[編集]

水深100 - 200mに生息する[7]。主に砂底を住居としている。

利用[編集]

佐渡富山県石川県山陰では高級魚として扱われ、島根県浜田市では「ノドグロ」の名称で市の魚にも指定されている。上品な味わいで、焼いても煮ても美味。「白身のトロ」などと称されることもある[8]。高級魚としてグルメ番組などでも採り上げられる傾向にあり、値段が値崩れすることは殆どない[9]

季節を問わず脂が乗っており、日本各地で人気がある。大型のものは1万円で取引されるが、水温の変化や餌のプランクトンの増減などの条件に漁獲量が影響されやすい。2013年11月、水産総合研究センターはアカムツの稚魚育成に成功、安定供給や資源保全への期待がかかっている[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.16 2002年
  2. ^ 魚と貝の事典・28頁
  3. ^ 上田勝彦監修「旬の魚カレンダー」(宝島社新書)ISBN 978-4-8002-1277-1 122頁
  4. ^ 魚と貝の事典・28頁
  5. ^ 魚と貝の事典・28頁
  6. ^ 「旬の魚カレンダー」122頁
  7. ^ 魚と貝の事典・28頁
  8. ^ 「旬の魚カレンダー」122頁
  9. ^ 「旬の魚カレンダー」122頁
  10. ^ “高級魚ノドグロの稚魚飼育成功 水産総研、安定供給へ期待”. 産経新聞. (2013年11月22日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/131122/trd13112219530015-n1.htm 2013年11月23日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ムツ - 混同されやすい別種

外部リンク[編集]