アイラ・サンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイラ・サンキー

アイラ・D・サンキー英語:Ira David Sankey、1840年8月28日 - 1908年)は、アメリカ合衆国メソジストの信徒、ドワイト・ライマン・ムーディの伝道を助けた音楽伝道者声楽家

生涯[編集]

1840年ペンシルベニア州エディンバーグに生まれる。ペンシルベニア州内の農場を転々とする。1857年に同州のニュー・キャッスルに移る。南北戦争では北軍の兵士として従軍する。戦後は、父の税務の仕事を手伝っていた。1870年インディアナポリスYMCAの集会でムーディがサンキーの歌を聴いて感動して協力を求め、6ヶ月後にムーディの伝道集会のソング・リーダーになった。それ以来、1899年のムーディの死去まで、28年間リバイバル運動に参加して、音楽伝道者として、伝道集会で独唱をしてムーディを助け、全米を巡回する。1903年に失明し、1908年ニューヨークブルックリンで死去した。生涯に、多くの賛美歌を作曲した。その後の、賛美歌に大きな影響を与えて、福音唱歌(ゴスペルソング)の大流行のきっかけを作った。

著書[編集]

  • Sacred Songs and Solos,1873
  • Gospel Hymns(全6巻),1875-1891
  • Winnowed Songs,1890
  • My Life and the Story of the Gospel Hymns,1906

参考文献[編集]

  • 『讃美歌略解(歌詞の部)』

関連項目[編集]