アイスバイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスバイン

アイスバインドイツ語:Eisbein)は、ドイツ料理を代表する家庭料理である。ベルリンの名物でもある。

概要[編集]

豚肉(塩漬けの豚すね肉)を、タマネギセロリなどの香味野菜クローブなどの香辛料とともに数時間煮込んで作る。

ザワークラウトジャガイモとともに供されることが多く、マスタードをつけて食べるのが一般的。

Eisbein という名前は、もともとラテン語os ischbeen坐骨)からきた語。ドイツ語のBeinは脚。なおEisは「氷」を意味するが、この料理では氷は関係ない(使用する岩塩が氷のようだとする説もある)。また、アイスヴァインドイツ語Eiswein, 英語ice wine)は氷結ブドウを用いたデザートワインのことで、アイスバインとは別物である。

作り方[編集]

  1. ピックル液を作る。水1リットルに対して食塩大さじ2杯と砂糖小さじ1杯を溶かし、こしょうナツメグガーリックパウダーを加え、よくかき混ぜる。
  2. ジッパー付きのビニール袋にすね肉を入れ、ピックル液を満たして密封する。冷蔵庫に1週間ほどおく。
  3. 肉を取り出してピックル液を水で洗い流す。少し削って味見する。塩辛すぎるようなら一晩ほど薄い塩水に漬けて塩抜きをする。
  4. 鍋に水を満たして肉と香味野菜を入れ、強火にかける。沸いてきたら弱火にし、浮いてくる灰汁はこまめに取り除く。
  5. 約3時間で出来上がり。

関連項目[編集]