でんてつハイカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

でんてつハイカードとは、日立電鉄交通サービス2007年10月1日に導入した同社専用非接触式ICカード乗車券のことである。同社は2007年10月31日まで磁気バスカードを発行していたが、2007年10月1日からICバスカードを発行している。

利用[編集]

  • カードの種類は回数券タイプのみの発行(大人用のみ)。
  • 定期券タイプも発行されており、1枚のカードで回数券と定期券の共用もできるが、乗り越しなど定期区間外利用時は自動精算されず、運転手の操作が必要(チャージ分から精算可能)。カード表面に区間などを記したシールを貼り、その上に透明シールを貼り保護されている。
  • 初回購入時・チャージ時には1,000円・3,000円・5,000円・10,000円のいずれかで可能で、その際にプレミア分が上乗せされる。ただし、初回購入時には200円のデポジットが必要[1]
  • 利用可能額は、最高20,000円までチャージ可能[1]
  • 1時間以内に乗り継ぎをする場合、2回目の乗車運賃から一律30円を割り引く、乗り継ぎ割引運賃も導入された[1]

乗降方法[編集]

  • 乗降時にICカードリーダーに触れる(乗車時に整理券は不要)[1]
    • 降車の際、小児運賃・身体障害者適用の割引運賃・複数人数による利用の場合は、ICカードリーダーに触れる前に乗務員に申し出のこと[1]

磁気カードの扱いについて[編集]

でんてつハイカード発行開始に伴って、2007年10月31日をもって磁気カード(普通カード・高齢者向け「にこにこカード」)の発売を終了し、翌年の2008年9月30日を最後に使用が停止された[1]。 このため、翌日の10月1日~同年12月31日までの間は無手数料で払い戻しを実施し、それ以降は無効となる[2]

なお、にこにこカードについてはIC化せず、「にこにこ定期券」として定期券化された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g でんてつハイカードのご案内”. 日立電鉄交通サービス. 2013年10月24日閲覧。
  2. ^ バスカードのご利用 終了のお知らせ (PDF) (同社公式サイト:2008年10月1日より)[リンク切れ]

外部リンク[編集]