こわいわるいうさぎのおはなし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

こわいわるいうさぎのおはなし』 (The Story of A Fierce Bad Rabbit;1906) は、ビアトリクス・ポター作のピーターラビットの絵本である。

あらすじ[編集]

見た目にも性格が荒そうな、こわい・わるいうさぎは、ベンチに座っていた おとなしいいいうさぎが持っていたニンジンを欲しくなり、奪い取る。更にいいうさぎを引っ掻いたので、いいうさぎは逃げ出して穴の中に隠れる。

そこに、ハンターが通りかかる。そしてベンチに何かいるのを見つけ、だと思って近づいて鉄砲を撃つ。ハンターがベンチのそばまで来てみるとそこにはニンジンと白くてふさふさしたもの長い毛のようなものがあるだけだった。

いいうさぎが穴から外を窺っていると、(怖そうな雰囲気を醸し出していた)ヒゲも尻尾も無くしたわるいうさぎが走り去っていった。

外部リンク[編集]