がか座アルファ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alpha Pictoris
Pictor constellation map.svg
Locator Dot2.gif

がか座アルファ星の位置(赤色)
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 がか座
赤経 06h 48m 11.4523s[1]
赤緯 −61° 56′ 29.010″[1]
視等級 (V) 3.30
特徴
スペクトル分類 A7IV[2]
U-B 色指数 +0.13[3]
B-V 色指数 +0.21[3]
アストロメトリー
視線速度 (Rv) +20.6[4] km/s
固有運動 (μ) 赤経: -68.39[1] ミリ秒/
赤緯: 242.03[1] ミリ秒/
年周視差 (π) 32.96 ± 2.14[1] ミリ秒
距離 99 ± 6 光年
(30 ± 2 パーセク)
詳細
半径 1.6[5] R
表面重力 (log g) 3.48[6]
表面温度 7,530[6] K
自転速度 (v sin i) 206[7] km/
年齢 6.6 × 108[8][9]
他の名称
Gl 248, CD-61°1478, HR 2550, HD 50241, LTT 2656, SAO 249647, IRAS 06476-6153, HIP 32607.[10]

がか座アルファ星(α Pic, α Pictoris)は、視等級3.30とがか座で最も明るい恒星である。太陽から約99光年に位置する[1]。6億6000万歳と比較的若い[8][9]うしかい座ラムダ型星[11]、206 km/s以上の速い自転速度で回転している[7]

分光分析では、恒星に向かう軌道平面上のガスによると考えられる、狭く時間によって変化する吸収線が見られる。がか座アルファ星は、高速で自転するガス殻星に分類され、外層大気から質量を噴き出している[2][6]

ヒッパルコスによるデータから、この恒星は、地球と太陽の間の距離と同じ1天文単位の軌道長半径を持つ伴星が公転する連星であると見られている[11]。また、がか座アルファ星は磁気ダイナモを持たないとされるA型主系列星であることからは予測されないことであるが、X線源となっている。このX線は伴星に由来するものと考えられている[6][12]

恒星系の速度は、U = -22、V = -20、W = -9 km/sである[13]

がか座アルファ星は、水星にとっての北極星になっていると考えられる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Perryman, M. A. C. et al (April 1997). “The HIPPARCOS Catalogue”. Astronomy & Astrophysics 323: L49–L52. Bibcode 1997A&A...323L..49P. 
  2. ^ a b Roberge, Aki; Weinberger, Alycia J. (March 2008). “Debris Disks around Nearby Stars with Circumstellar Gas”. The Astrophysical Journal 676 (1): 509–517. doi:10.1086/527314. http://iopscience.iop.org/0004-637X/676/1/509/fulltext. 
  3. ^ a b Johnson, H. L.; Iriarte, B.; Mitchell, R. I.; Wisniewskj, W. Z. (1966). “UBVRIJKL photometry of the bright stars.”. Communications of the Lunar & Planetary Laboratory 4: 99–110. Bibcode 1966CoLPL...4...99J. 
  4. ^ Wilson, R. E. (1953). General Catalogue of Stellar Radial. Washington D.C.: Carnegie Institude Publication 601. http://adsabs.harvard.edu//abs/1953GCRV..C......0W 2009年9月10日閲覧。. 
  5. ^ Pasinetti Fracassini, L. E.; Pastori, L.; Covino, S.; Pozzi, A. (February 2001). “Catalogue of Apparent Diameters and Absolute Radii of Stars (CADARS) - Third edition - Comments and statistics”. Astronomy and Astrophysics 367: 521–524. doi:10.1051/0004-6361:20000451. 
  6. ^ a b c d Hempel, M.; Schmitt, J. H. M. M. (2003). “High resolution spectroscopy of circumstellar material around A stars”. Astronomy and Astrophysics 408: 971–979. doi:10.1051/0004-6361:20030946. 
  7. ^ a b Royer, F.; Zorec, J.; Gómez, A. E. (February 2007). “Rotational velocities of A-type stars. III. Velocity distributions”. Astronomy and Astrophysics 463 (2): 671–682. doi:10.1051/0004-6361:20065224. 
  8. ^ a b Su, K. Y. L.; et al. (December 2006). “Debris Disk Evolution around A Stars”. The Astrophysical Journal 653 (1): 675–689. doi:10.1086/508649. 
  9. ^ a b Song, Inseok; Caillault, J.-P.; Barrado y Navascués, David; Stauffer, John R. (January 2001). “Ages of A-Type Vega-like Stars from uvbyβ Photometry”. The Astrophysical Journal 546 (1): 352–357. doi:10.1086/318269. 
  10. ^ LTT 2656 – High proper-motion Star”. SIMBAD. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2009年9月10日閲覧。
  11. ^ a b Goldin, A.; Makarov, V. V. (November 2007). “Astrometric Orbits for Hipparcos Stochastic Binaries”. The Astrophysical Journal Supplement Series 173 (1): 137–142. doi:10.1086/520513. 
  12. ^ Schröder, C.; Schmitt, J. H. M. M. (November 2007). “X-ray emission from A-type stars”. Astronomy and Astrophysics 475 (2): 677–684. doi:10.1051/0004-6361:20077429. 
  13. ^ Gliese, W. (1969). “Catalogue of Nearby Stars”. Veröffentlichungen des Astronomischen Rechen-Instituts Heidelberg. Bibcode 1969VeARI..22....1G.