おむつプレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おむつプレイは、オムツを用いて羞恥心を煽るプレイ。医療系プレイ羞恥プレイエイジプレイの側面を持つ。

概要[編集]

オムツを穿かせ、排泄させるというのが広く行われる方法であるが、オムツを穿くのはパートナーのみのパターンとお互いに穿くパターンの二通りに分かれる。このうち前者は、パートナーに羞恥を与える形となり、SMプレイといえる。後者は、お互いの羞恥心を共有するプレイとなる。 排泄と性には深い繋がりがあり、排泄行為は羞恥の対象であるため、オムツに快感を覚える人は少なからず存在する。(浣腸プレイ概要参照) おむつプレイは排泄に関わる性的嗜好に基づいて快感を得る行為である。 また自慰に似するが、一人でのプレイも可能である。むしろ、おむつに性的興奮を覚える者は、パートナーがいない場合、一人で楽しむことも少なくない。 おむつのサイズは、おおむね大人用のものが使用されるが、最近では赤ちゃん用のものでも一回り大きなサイズが扱われるようになっており、使用者の体格によってはこちらを使用する場合もある。

プレイにおける例[編集]

  • オムツの着用に伴う解放感や安心感
    • 日常生活で常時オムツを着用することへの快感
  • 排泄行為についての快感
    • 排泄を我慢することへの快感
    • 排泄時の解放感
      • 我慢した上での排泄に伴う解放感
      • 野外においての解放的なオムツへの排泄に伴う快感
  • 羞恥心を伴う快感
    • オムツの着用を見られることへの羞恥心
      • 公衆の場においてオムツをさらすことに伴う羞恥心
    • オムツからの排尿時の音を聞かれることに対する羞恥心
    • オムツの交換時における羞恥心
      • オムツをあてられる・脱がされることに対する羞恥心
      • オムツを脱がされるときに排泄物を見られることに対する羞恥心
      • オムツを脱がされるときに汚れた恥部・肛門周辺をふかれることに対する羞恥心
  • 社会的なルールを犯すことに対する背徳感
    • トイレ以外での排泄に伴う背徳感
  • パートナーに施して上記の反応を楽しむ

専門誌など[編集]

関連項目[編集]