あの町この町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

あの町この町』(あのまちこのまち)は、日本の童謡2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。

歴史[編集]

野口雨情作詞、中山晋平作曲による。初出は東京社(現ハースト婦人画報社)が出版する児童雑誌『コドモノクニ1924年(大正13年)1月号とされる。

楽曲[編集]

民謡風の旋律であるが西洋音階を取り入れた新しい型の楽曲である。4分の2拍子で、主な旋律は八分音符4つで構成されているが、中山晋平は「はずみをつけて」という標語を記し、わらべ歌のような曲調で歌われる事が多い。

歌詞[編集]

あの町 この町
日が暮れる 日が暮れる
今きたこの道
かえりゃんせ かえりゃんせ

お家(うち)がだんだん
遠くなる 遠くなる
今きたこの道
かえりゃんせ かえりゃんせ

お空に夕(ゆうべ)の
星が出る 星が出る
今きたこの道
かえりゃんせ かえりゃんせ