坂田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂田 一郎(さかた いちろう)は、元経産官僚。東京大学教授。

専門は、エネルギー、サステナビリティ、ナノテクノロジー、情報科学領域を中心としたイノベーション政策、技術経営、地域クラスター、産業政策論、コネクター・ハブ理論、情報・ウェブ工学を用いた意思決定支援、科学技術ビッグデータを用いた技術の未来予測、ソーシャルメディアからの社会課題の自動抽出など。


略歴[編集]

1989年 東京大学経済学部卒、同年通商産業省(現、経済産業省)入省(現在は退官)。経済産業政策局政策企画官等を経て現職。

現在、学内では工学系研究科技術経営戦略学専攻、総長特任補佐、東京大学未来社会協創推進本部ビジョン形成分科会長、工学部システム創成学科(兼担)、工学系研究科総合研究機構イノベーション政策研究センター長、未来ビジョン研究センター(兼務)、ネットワーク分析と言語処理の融合による大規模文献データからの技術の未来予測プラットフォームの研究開発(NEDO・産総研)研究代表、インターネット・オブ・エナジー社会連携講座共同代表、等を務める。

大学外では、厚生労働省政策参与、国土交通省国土審議会特別委員・稼げる国土専門委員長、地域未来牽引企業の選定に係る委員(委員長)、スーパー・メガリージョン構想検討会委員、政府機関移転に関する有識者懇談会委員、荒川区教育委員(教育長職務代理者)、弘前大学COIアドバイザリーボード委員、産業技術総合研究所外来研究員、ダイキン工業株式会社フェロー、欧州のサステナビリティの学会の科学アドナイザーボードメンバー等を務める。 過去、内閣府地方創生に資する科学技術イノベーションタスクフォース構成員、復興庁参与等も歴任。

日経新聞「経済教室」に科学技術政策や情報政策等で執筆、NHKスペシャル「日本逆襲のシナリオⅡ」、「震災ビッグデータⅡ」、「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」、TBS系「林先生が驚く初耳学」等に出演。


1989年 東京大学経済学部卒 通商産業省(現在の経済産業省)入省
1995-1997年 米国ブランダイス大学留学(国際経済・金融学修士)
2003年 東京大学より博士(工学)取得
2004年 東京大学工学部システム創成学科PSIコース「社会システムと産業担当」
2005年 東京大学工学系研究科 客員准教授(総合研究機構)
2008年 経済産業省を退官して、東京大学政策ビジョン研究センター教授・運営委員
2009年-2016年 東京大学工学系研究科教授兼担(技術経営戦略学専攻)
2011年 荒川区顧問
2012年 東京大学電力ネットワークイノベーション総括寄付講座共同代表
2012年2月-6月 国家戦略会議叡智のフロンティア部会委員
2013年-2014年8月 復興庁参与兼務
2013年7月- 現在 東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻 教授
2014年4月-2017年3月 東京大学政策ビジョン研究センター長
2014年4月-2015年3月 東京大学工学系研究科常務委員
2015年4月- 現在 東京大学総長特任補佐
2016年4月-2018年3月 東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻長
2018年4月-2019年3月 東京大学工学部システム創成学科知能社会システム(PSI)コース長

著書[編集]

論文等[編集]

Toshihiro Kose, Ichiro Sakata, “Identifying technology convergence in the field of robotics research”,Technological Forecasting & Social Change (In press, corrected proof, Available online 19 September 2018)

K. Asatani, F. Toriumi, M. Ochi, J. Mori, I. Sakata, “Detecting Interpersonal Relationships in Large-Scale Railway Trip Data”, Journal of Computational Social Science 1 (2018): s42001-018-0021-1

K. Asatani, J. Mori, M. Ochi and I. Sakata, “Detecting trends in academic research from a citation network using network representation learning”, PLOS ONE 13 (5) (2018): e0197260

K.Yamaguchi, P. Reubroycharoen, M. Sugiyama, D. Wiwattanadate, H. Yoshikawa and I. Sakata, “Cross-border power trade with Myanmar: Barriers and their removal from the Thai’s perspective”, Int.J.Public Policy 14 (1)(2018)pp30-49

W.Gong, B.Fugetsu, Z. Wang, I.Sakata et al., ”Carbon nanotubes and manganese oxide hybrid nanostructures as high performance fiber supercapacitors”, Commschem 1:16 (2018)s42004-018-0017-z

M. Isonuma, T. Fujino, J.Mori, Y. Matsuo, I. Sakata, “Extractive summarization using multi-task leaning with document classification” Conference on Empirical Methods in NLP (EMNLP), Copenhagen, Denmark (7-11 September 2017)

Y.Wang, B.Fugetsu, Z.wang, W. Gong, I.Sakata, S.Morimoto, Y.Hashimoto, M.Endo, M. Doresselhaus, M.Terrones, “Nitrogen-doped porous carbon monoliths from polyacrylonitrile (PAN) and carbon nanotubes ad electrodes for supercapacitors”, Scientific reports 7 (2017): 40259 (IF=5.228)

T. Hamasaki, G. Harada, N. Nakamichi, S. Kabayama,K. Teruya, B. Fugetsu, W. Gong, I. Sakata, S. Shirahata, “Electrochemically reduced water exerts superior reactive oxygen species scavenging activity in HT1080 cells than the equivalent level of hydrogen-dissolved water”, PLOS ONE | DOI:10.1371/journal.pone.0171192 February 9, 2017 (IF=3.057)

H. Sasaki, T. Hara and I. Sakata, “Identifying Emerging Research Related to Solar Cells Field Using a Machine Leaning Approach”, Journal of Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems 4(4) (2016), pp.418-429.

Y. Wang, B. Fugetsu, I. Sakata, M. Terrones, M. Endo, M. Dresselhaus, Morphology-controlled fabrication of a three dimensional mesoporous poly(vinyl alcohol) monolith through the incorporation of graphene oxide, Carbon, 98 (2016)(IF=6.198),pp34-342..

Vipin, A., Fugetsu, B., Sakata, I., Tanaka, T., Sun, L., Tanaka, S., Terrones, M., Endo, M., Dresselhaus, M., Three dimensional porous monoliths from multi-walled carbon nanotubes and polyacrylonitrile. Carbon 101 (IF=6.198) (2016), pp. 377-381.

T.Visessonchok, M.Sugiyama, H.Sasaki and I.Sakata, “Detection and introduction of emerging technologies for green buildings in Thailand”, Int. J. of Energy Technology and Policy 12(1) (2016) pp.2-19.

H.Sasaki, Z. Liu and I. Sakata, “Academic Landacape of Hydropower: Citation-analysis based method and its application”, Int. J. of Energy Technology and Policy 12(1)(2016)pp84-102.

H.Nakamura, S.Suzuki, I.Sakata and Y.Kajikawa, "Knowledge combination modeling: The measurement of knowledge similarities between different technological domains", Technological Forecasting and Social Change 94 (2015) 187-201 (IF=2.058)

H. Sasaki, I. Sakata, K. Yamaguchi, W. Wangjianiran and S. Phrakonkham, "Energy efficiency Standard and labeling forecasting model in the capital of Lao PDR", Journal of Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems 3(3)(2015),pp.269-281.

M.Sugiyama, I.Sakata, H.Shiroyama, H.Yoshikawa and T.Taniguchi, “Five years on from Fukushima”, Nature 531(2016), pp. 29-31.

I.Sakata, "Knowledge structuring tools for decision support service: an overview of citation-based approach", in chapter 17 of S.K.Kwan, Y.Sawatani, and J.C.Spohrer ed. Global Perspectives on Service Science: Japan (2016), pp.261-276. Springer

坂田一郎、新時代のイノベーション政策を考える、學士會会報No.918(2016), pp2-6 .

その他、研究業績詳細については* 東京大学イノベーション政策研究センター メンバーページを参照。

共著[編集]

「ネットワークの視点でみる東北地域の産業構造の発展と政策」、松本武祝編『東北地方「開発」の系譜(2015年)』 第四章収録

「東北地方「開発」の系譜」(明石書店、2015年)

「シルバー・ニューディールが地域医療を再生する」「医療白書2010」収録(日本医療企画、2010年)

「あたたかい地域社会を築くための指標-荒川区民総幸福度」(八千代出版、2010年)

「クラスター組織の経営学」(中央経済社、2009年)

「人財立国論-一人ひとりがチャレンジできる社会を目指して」(新経済産業選書、2007年)

「クラスター形成による地域新生のデザイン」(東大総研、2005年)

「日本の財政改革:国のかたちをどう変えるか」(東洋経済新報社、2004年)

「都市経済と産業再生」(岩波講座、2004年)

「サステナブル経営」(日本地域社会研究所、2004年)

「クラスター戦略」(有斐閣選書、2002年)

「テクノロジーインキュベータ 成功の条件」(経済産業調査会、2001年)

「大学からの新規ビジネス創出と地域経済再生」(経済産業調査会、2001年)

外部リンク[編集]