YURI-I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

YURI-Iは、1990年代に製作された日本の人力ヘリコプターである。1994年3月7日に日本航空協会の公式試験で高さ20cm、滞空時間19.46秒の飛行に成功した。

1980年に, アメリカヘリコプター協会(American Helicopter Society:略称AHS)が10m角の中で1分間浮上を継続し,その間に機体の最下部が一瞬でも地面から3mの高さに達することができた人力ヘリコプターに賞金を贈るというシコルスキー賞が設けられた。1989年12月10日、カリフォルニア・ポリテクニック大学の人力ヘリコプター、ダ・ヴィンチ IIIが7.1秒間、20cmの飛行を行った。元日本大学講師の内藤晃は下述のように、1985年から、人力ヘリコプターの製作を行い、5番目の設計のYURI-Iが最も、優れた結果を出した。YURI-Iは4枚のローターを地面効果を利用するために、低い位置に配置した。1993年12月に飛行に成功し、1994年3月7日に日本航空協会の公式試験で高さ20cm、滞空時間19.46秒の飛行に成功した。さらに8月にシアトルのデモ飛行で27秒の非公式記録を残した。

YURI-Iは現在はかかみがはら航空宇宙科学博物館に展示されている。

内藤晃の人力ヘリコプター[編集]

  • A Day Fly(かげろう) : 1985年
  • Papillon A:1988年
  • Papillon B:1989年
  • Papillon C :1991年
  • Yuri I:1994年、ローターの径は10mで、機体重量は38kgであった。
  • Yuri II :1998年

外部リンク[編集]