XEUS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XEUS(X-ray Evolving Universe Spectroscopy)は、X線観測衛星XMM-Newtonの後継機として欧州宇宙機関が開発中のX線分光計衛星であり、2015年以降に打上げを予定している。鏡面積5m2、1keVのエネルギーで5′以上の解像度を持つ大きなX線望遠鏡を運ぶミラー衛星と検出器衛星の2つから構成される。検出器衛星は、望遠鏡から約35mの距離を保って編隊飛行する。検出器は、2eVから1keVのエネルギー解像度の低温狭域監視装置の他に150eVから6keVのエネルギー解像度の広域X線監視装置を持つ。

XEUSは、宇宙初期の物質のX線スペクトルとその組成、温度、速度を測定することができ、ブラックホールの起源や星形成との関係、バリオンの進化、宇宙での重元素の合成等、様々な疑問に答えを出すと期待されている。

XEUSに必要な技術は、現在開発中である。XEUSは、欧州宇宙機関のCosmic Vision programの候補の1つである。

近年の開発[編集]

2008年5月、欧州宇宙機関とアメリカ航空宇宙局は、XEUS及びコンステレーション-Xのミッションを協力して実施するためにESA、NASAと宇宙航空研究開発機構からなるグループを結成した[1]。このグループは、X線天文学の国際的な共同研究の開始を提案した[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]