Windows To Go

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Windows To Go
Microsoft Windows コンポーネント
Windows To Go USB Drive.png
マイクロソフトが BUILD カンファレンスで披露した Windows To Go をプレインストールしたUSBメモリ
詳細
種別 Live USB
標準提供 Windows 8 EnterpriseWindows 8.1 EnterpriseWindows 10 Enterprise、Windows 10 Education

Windows To Go (ウィンドウズ トゥ ゴー)は Windows 8 Enterpriseエディションの機能で、フラッシュメモリや外付けハードディスクドライブなどのUSBストレージデバイスからのブートとOS実行を可能にする[1]

企業のシステム管理者が、その企業の決めたデスクトップなどを反映させた Windows 8 を各ユーザーに配布できるようにすることを意図している。Windows 8 の他のエディションでは Windows To Go ドライブの作成はサポートされていない[2]。2011年9月に開催された BUILDデベロッパー・カンファレンスで参加者に Windows To Go 対応ドライブが配布された。

Windows 10 バージョン 1903 のリリースをもって開発を終了し[3]、バージョン 2004 で「Windows To Goワークスペースの作成(Portable Workspace Creator)」が削除された[4]

歴史[編集]

Windows 8がリリースされるまではUSBストレージからのブートをサポートしていたWindowsは組み込み向けのWindows Embedded Standard 7[5][6]Hyper-V Server 2008 R2[7]に限られていた。

2011年4月、Windows 8 build 7850 がリークされ[8]、このビルドには "Portable Workspace Creator" というプログラムが含まれており、Windows 8 のブート可能なUSBデバイスを作成するものだと判明した[9][10]

2011年9月、マイクロソフトは Windows To GoBUILDカンファレンスで公式発表し、その場で32GBのUSBメモリに Windows To Go をプレインストールしたものを配布した[11]

2019年5月、開発終了を発表[3]

通常インストールとの相違[編集]

安全性およびセキュリティのための機能
データを消失するのを防ぐための安全対策設計として、USBドライブを抜去するとWindowsは一時停止状態となり、60秒以内にUSBドライブを挿入すれば実行を再開する。USBドライブがその時間内に挿入されなかった場合、画面上の表示やRAM内の重要な情報が漏れるのを防ぐため、60秒後にコンピュータのシャットダウンを開始する[12]。Windows To Goドライブは、BitLockerを使って暗号化することもできる[13]
デバイスドライバのインストール
あるコンピューターで初めてWindows To Goでブートする際、そのハードウェアで必要とされるドライバ群をインストールし、リブート不要である。その後のブートでは、直接Windows 8が起動する[12]
Windowsストア
Windows 8のWindows To Goでは、「ストア」アプリの実行が規定で不許可に設定されている。これはストアのライセンスがハードウェアに紐づくものであり、ハードウェアが固定されないWindows To Goとは相いれない設計だったためである。
Windows 8.1では撤廃されている。

技術的詳細[編集]

マイクロソフトによれば、Windows To Go ドライブはImageXなどのWindowsツールを使って作成し、配備することができる[12]

Windows To Go は USB 2.0 と 3.0 で使用可能で、従来からのBIOSでもUEFIファームウェアでも使える[14]

ライセンス[編集]

BUILDでの発表において、ライセンスの詳細は語られなかったが[15]、2012年4月18日、マイクロソフトのソフトウェア・アシュアランス・プログラムで Windows To Go の使用権もライセンスされることが明らかとなった。それによると、ソフトウェア・アシュアランス契約を結んだ企業の従業員は Windows To Go を個人所有のPCなどで仕事目的で使用することも可能となる[16]

反響[編集]

ZDNetのライター Simon Bisson は「Windows 8 の最も興味深い機能の1つ」とし、「USB 2.0 ポートで使用しても十分な性能であり、遅延は感じられない」とし、「Windows 8 の非常に便利な実行方法」だとした[2]

脚注[編集]

  1. ^ Gregg Keizer (2011年9月14日). “Windows 8 will run from USB thumb drive”. Computerworld. 2011年9月25日閲覧。
  2. ^ a b Windows 8: Windows To Go ZDNet UK
  3. ^ a b 「Windows To Go」は終了へ ~「May 2019 Update」で削除・置き換え予定の機能が発表” (2019年5月24日). 2019年9月30日閲覧。
  4. ^ Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)で失われた機能まとめ:その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(167) - @IT”. 2020年8月27日閲覧。
  5. ^ Build a Bootable USB Image
  6. ^ Bootable Windows USB Stack
  7. ^ Deploying Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 on USB Flash Drive
  8. ^ Windows 8 leaked, caught looking a lot like Windows 7”. Engadget. 2011年9月25日閲覧。
  9. ^ Windows 8: Portable Workspace allows you to run Windows from a USB device”. WinRumors (2011年4月15日). 2011年9月25日閲覧。
  10. ^ Windows 8 to feature USB-runnable Portable Workspaces, sales of 16GB thumb drives set to soar”. Engadget. 2011年9月25日閲覧。
  11. ^ Take, First (2011年9月20日). “Windows 8: Windows To Go | ZDNet UK”. Zdnet.co.uk. 2011年9月25日閲覧。
  12. ^ a b c Bright, Peter (2011年9月18日). “Making the lives of IT easier: Windows 8 Refresh, Reset, and Windows To Go”. Arstechnica.com. 2011年9月25日閲覧。
  13. ^ Windows 8 Running on a USB – Windows To Go - Softpedia”. News.softpedia.com. 2011年9月25日閲覧。
  14. ^ Microsoft Demonstrates Windows To Go (Run Windows 8 From USB On Any PC)”. Techie-buzz.com. 2011年9月16日閲覧。
  15. ^ Microsoft Certified Professional Magazine: Windows 8 Will Run On Thumb Drive, 16 September 2011
  16. ^ Introducing Windows 8 Enterprise and Enhanced Software Assurance for Today’s Modern Workforce”. Microsoft. 2012年9月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]