Wikipedia:攻撃ページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wikipedia:Attack pageから転送)
移動: 案内検索

攻撃ページ(Attack page)はあらゆる名前空間において主題を非難あるいは脅迫するために存在している、ページのことです。即時削除の方針によって、こうしたページは即時削除の対象となります。そのようなページを見つけた際は、{{db-attack}}を先頭に追加して即時削除の対象であることを識別させ、ページの作成者に対して{{Uw-attack}}のような利用者への警告用テンプレートなどで注意してください。攻撃ページは礼儀として白紙化することができます。

一旦{{db-attack}}のテンプレートがタグ付けされたページにはCategory:即時削除対象のページのカテゴリが付与されます。

もし記事の主題に特筆性があっても、そのページが主題に対して攻撃を主として構成されていて、差し戻す適切な版が存在しないような場合には、ページを削除し、同じ場所に適切なスタブを執筆する必要があります。これは存命人物についての要素を含むページの際には特に重要なことです。

即時削除の対象となる攻撃ページは標準名前空間やそれ以外にも存在します。しかしこの方針はコメント依頼や類似のプロセスに適用することは通常想定されていません(これらのプロセスには不当あるいは悪意による要求を削除する独自のガイドラインが存在しています)。紛争を「解決する」ための鍵は他者から否定的な内容を見つけて全てリストアップすること「ではない」ことを心に留めてください。

記事から分割された否定的内容[編集]

記事の総量に対して調和が取れていない大きさのセクションであるという理由の合意に基づいて公人や著名人の伝記から分割される記事がありますが、そのコンテンツが主題を否定的に反映したものであっても、それが攻撃ページであるとは限りません。

管理者への注記[編集]

Attack pageを削除する際には、削除の要約欄にいかなる内容も引用しないことが重要です。いくつかのケースではMediaWikiが削除の際に要約欄にコンテンツの一部を提供しますが、削除ボタンをクリックする前に要約欄をより適切なもの(例:"[[WP:CSD#G10]] - 攻撃ページ")に置き換えることを確認してください。

関連ページ[編集]