Wikipedia:読者に役立つ記事を書く

ナビゲーションに移動 検索に移動

読者にとって役に立つことが、ウィキペディアの主な目的であることを忘れないでください。読者にとって、もっと役立つようになることなら、あらゆることをしてください。ウィキペディアをより便利なものにするために、あなたが一番貢献できるような活動に携わってみてください。例えば、新規執筆したり、加筆したり、修正したり、索引を作ったり。さまざまな活動の中で何を重視するかはあなた自身で決めてください。

当然、執筆するときには、読者のことを考慮してください。例えば、「初期バロック音楽における半音階の使用」という題名の項目は主に音楽の専門家が読むでしょう。ですから、専門家しか理解できないような細かい記述も専門用語もまったく問題はありません(もちろん、素人でもわかるようになっていればより素晴らしくなります)。しかし、「ラップ音楽」のような題名の項目は、専門外の人も読むと考えられますから、簡潔で明瞭な概要と、もしあれば詳細な情報へのリンクをつけてください。