Wikipedia:著作権侵害への対処

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Wikipediaと著作権
方針
著作権の方針
CC-BY-SAライセンス文章
GFDLライセンス文章
アップロードファイル
ガイドライン
ウィキペディア内でのコピー
自著作物の持ち込み
各言語版間の翻訳
対応
侵害が疑われるページを見つけたら
著作権問題調査依頼
関連情報
著作権関係の議論一覧

このページでは、著作権侵害かもしれないページを見つけた場合の対処の方法について解説します。

ウィキペディアにおける公式方針はWikipedia:著作権Wikipedia:削除の方針で既定されています。初心者の方はWikipedia:ガイドブック 著作権に注意もご覧ください。

著作権侵害に遭ったら[編集]

ウィキペディアで、あなた自身やあなたの関係する団体が著作権を有する文章や画像が無断で投稿されているのを見つけたら、投稿を承諾する場合を除いて、できる限り速やかに削除依頼で削除を依頼してください。時間が経てば経つほど、どちらがどちらの著作権を侵害したのか判定することが難しくなります。

削除依頼の手順は削除依頼のページで説明されています。ウィキペディアに慣れていないなどの理由により対処の方法がわからない場合は、利用案内このページのノートで相談してみてください。他の利用者の方は、削除依頼を代理で依頼するなどの協力をお願いします。

著作物に関して、「ウィキペディアへの掲載のみ許可し、字句の改変や他への転載は禁止したい。」といった要望が寄せられることがありますが、ウィキペディアのコンテンツは全てGFDLCC-BY-SAというライセンスに基づいて公表されていますので、ライセンスの性質上、自由な改変や再利用を禁止することはできません。ウィキペディアへの投稿を承諾したら、自由な改変や再利用についても承諾したものとみなされます。

著作権侵害かもしれないページを見つけたら[編集]

著作権侵害かもしれないページを見つけたら、以下の表を参考にして対処してください。

転載元はわかっていますか? 著作権侵害は明白ですか? 転載元はウィキメディア・プロジェクトのウェブページですか? 対処方法
転載元(書籍名、ウェブページのURL、画像の製作者名など)はわかっている。 転載元の文章や画像がほとんどそのまま投稿あるいは翻訳されている。 転載元はウィキメディア・プロジェクトと関係のない書籍やウェブページである。 著作権侵害の可能性が高い場合
転載元は各種ウィキメディア・プロジェクトのウェブページである。 帰属表示義務違反の場合
一部が改変されたり、引用の形を取るなどしていて、著作権侵害にあたるかどうかは判定が困難である。 判定困難な場合
転載元はわからないが、投稿履歴やスタイルから、転載の可能性が疑われる。 転載元がわからない場合

著作権侵害の可能性が高い場合[編集]

転載元(書籍名、ウェブページのURL、画像の製作者名など)がわかっていて、転載元の文章や画像がほとんどそのまま投稿あるいは翻訳されている場合は、著作権侵害の可能性が高いと考えられます。この場合は削除依頼で、著作権侵害が発生している特定版の削除を依頼してください。依頼の手順は削除依頼のページで説明されています。

ただし、転載元が個人で管理しているウェブページやブログ等である場合は、ウェブページやブログの作成者が著作権を有する文書をウィキペディアへ持ち込んだものである可能性があります(自著作物の持ち込み)。その場合は、削除依頼を依頼する前に、投稿者と対話して事実確認することが推奨されます。

著作権侵害の記事は、最初に著作権侵害が発生した過去の版にさかのぼって版ごと削除し、かつそれに続く版と、そこから分割等で派生した記事(ページ)があればそれをも含めて、すべて削除する必要があります。著作権侵害でなくなるように最新版の記事を書き改めたとしても、過去の版の著作権侵害の記事を消すことはできません。そして著作権侵害記事を含む過去の版が残っていると、「履歴」を通じてその版を呼び出してその記事にアクセスすることが可能になり、日本の著作権法にある「送信可能化権」の侵害にあたる恐れがあるためです。またそれ以降の版全てと派生記事を削除するのは、そうしないと最初の削除の時点で履歴の継続性が失われ、GFDL違反になるためです。必ず削除依頼を出し、関係する過去の版と派生記事すべてを削除した上で加筆して下さい。「過去版削除」によって大量の版が巻き添えで失われてしまうような場合には、Wikipedia:版指定削除で対応することも検討して下さい。版指定削除であれば、履歴の投稿者名や投稿時刻などを残したまま本文のみを削除できるため、著作権の問題のない記述の巻き添え削除を防ぐことができます。なお、「過去版削除」は日本の著作権法への対処のため採られた日本語版のルールであってウィキペディア一般のものではないため、他言語版ではルールが異なることがあります。

転載文のみで新規に作成され、かつ、作成者が同時に原著作者でもあると証明されない記事の場合は、即時削除の方針の「全般その9」に基づき即時削除の対象となり得ます。

帰属表示義務違反の場合[編集]

ウィキペディア日本語版、他言語版のウィキペディア、あるいはウィクショナリーなどの姉妹プロジェクトなどのウィキメディア・プロジェクトのウェブページからの転載は、GFDLCC-BY-SAに準拠した形で行われる必要があります。ウィキペディア内部の文章をページの分割と統合の規定を踏まずにコピーアンドペーストで投稿したものや、他言語版のウィキペディアの記事を翻訳のガイドラインの規定を踏まずに投稿したものは、ライセンス上の帰属表示義務違反として、著作権侵害の一種として削除の対象となります。

帰属表示義務違反の投稿を見つけたら、削除依頼で、帰属表示義務違反が発生している特定版の削除を依頼してください。この場合の削除依頼の手順は、通常の削除依頼と同様です。詳しくは削除依頼のページで説明されています。

著作権侵害にあたるかどうか判定困難な場合[編集]

転載元はわかっているが、一部が改変されたり、引用の形を取るなどしていて、著作権侵害にあたるかどうか判定に困る場合は、著作権問題調査依頼で、事実関係の調査を所定の手順で呼びかけてください。著作権侵害にあたるかどうか不確かな状態で削除依頼を依頼することが禁止されているわけではありませんが、事前に他の利用者の意見を聞いた上で依頼することが推奨されます。

著作権問題調査依頼で調査を依頼する際は、転載元と考えられる文献やウェブページについての詳細をあわせて掲載してください。他の利用者が状況を調査し、もし必要なら削除依頼を依頼するなどの対応を取ることができます。

著作権侵害かもしれないが、転載元がわからない場合[編集]

転載元はわからなくても、投稿者が著作権侵害を繰り返していたり、ウェブページからコピーアンドペーストしたようなスタイルであるなど、投稿履歴やスタイルから転載の可能性が疑われる場合があります。しばしば発生するのは外部のウェブページからの無断転載です。気になるフレーズを検索エンジンを使って検索してみましょう。それでも転載元が特定できない場合は、著作権問題調査依頼に所定の手順で依頼してください。他の利用者がそれを見て調査することができます。

著作権侵害の可能性が高いと考えられる場合は、著作権侵害が発生する前の版までページの差し戻しを行い、その上で加筆することもできます。こうすることで、後で転載元が判明した場合に、著作権侵害が発生している中間の版だけを特定版削除することができます。しかしページの差し戻しは編集合戦を引き起こすこともありますので、事前にノートページで趣旨を説明したり、差し戻す版の投稿者と対話するなど、十分な配慮をふまえた上で行ってください。

ウィキペディアにおける方針[編集]

ウィキペディア日本語版では、著作権を侵害している投稿は削除の対象となります。例えば、書籍やウェブページなどに掲載されている文章とよく似た文章が投稿された場合、その投稿は削除されます。どのような投稿が削除の対象となるかは削除の方針で規定されています。さらに、警告の後も著作権侵害の投稿を繰り返す利用者は投稿ブロックされます。こうした対応は、著作権者の権利を保護するとともに、著作権法やプロバイダ責任関連法などに関する法的責任を果たし、かつ、CC-BY-SA/GFDLに基づく改変・配布・再利用も含めたウィキペディアの利用価値を維持するために行われています。

ただし二次利用価値や法的責任について解釈の余地がないわけではなく、また既定の公式方針だけでは判断が難しいケースもあります。ですから、これらの公式方針は今後も利用者間での議論を経て見直される可能性があります。公式方針について検討するための議論は公開の場で行われます。ウィキペディアにおいて記事の執筆や編集の経験があり、かつ著作権CC-BY-SA/GFDL、およびウィキペディアの基本方針とガイドラインを理解されている方であれば、議論への参加は歓迎されます。

引用の扱い[編集]

引用部分が、引用の要件を満たさず著作権法に抵触すると判断される場合は、著作権侵害の場合と同様に削除を依頼してください。引用は、自分の著作(例えば詩の評論文)を展開するために他人の著作物(この例なら、詩)を参照する行為で、一般的には正当な行為であると認められています。相手の許諾を得る必要もありません。ただし、引用として認められるためにはいくつか要件があります。これらの要件が満たされなければ無断転載となり、著作権侵害となります。

  • 本文が主、引用部分は従という関係でないといけません。
  • 引用する著作物と、引用される著作物とが明瞭に区別できなくてはいけません(カギカッコなどで引用部分をくくる)。
  • 引用する量は必要最低限でないといけません。
  • 引用する内容は基本的に改変してはいけないし、註を付けた場合などもその旨を明記しなければいけません。
  • 引用であることを明示し、出典を明らかにしなければいけません。

では、ウィキペディアで記事を書くにあたって、引用ならば無断転載と違って問題はないのかというと、現状ではまだ是非の判断は付いていません。多数の参加者が自由に記事を書き換えるというウィキペディアの性格を考えると、他の人によって書き換えられることで、上にあげた引用の要件が満たされなくなる可能性があるからです。ウィキペディアにおける引用のあり方についてはWikipedia:著作権で保護されている文章等の引用に関する方針が検討されていますが、まだ試験段階に入った草案です。現段階では、外部の著作物の引用も控えることが推奨されています。

自著作物の持ち込み[編集]

自ら書籍を出版したりウェブページを所有している利用者が、その書籍やウェブページに掲載されている自らが著作権を持つ文章を、ウィキペディアに投稿することがあります。第三者の目でこれを見ると、その利用者による著作権侵害であるかのように見えます。

著作物の持ち込みと推定される場合[編集]

一見、外部からの転載であるように見えても、転載元が個人で管理しているウェブページやブログ等である場合は、自著作物の持ち込みの事例である可能性があります。その場合は、削除依頼を依頼する前に、投稿した利用者と対話することが推奨されます。まずはその利用者に自著作物の持ち込みに沿って、適切な意思表示を行うよう呼びかけてください。

あなたが自著作物を持ち込む場合[編集]

あなたが自らが著作権を持つ文章を投稿する場合は、自著作物の持ち込みに従ってその旨の意思表示を行ってください。場合によっては記事が削除依頼での審議にかけられることもありますが、これは書籍やウェブページの著作権者であるあなたの著作権を守るための措置であることをご理解ください。著作権者の意思表示よって著作権上の問題がないと結論付けられれば、削除依頼が出されても必ず削除に至るわけではありません。しかし、一定期間を経過しても事実確認がとれず、著作権侵害の疑いが解消されなければ、記事は削除されます。

見分け方の経験則[編集]

著作権侵害の記事の多くは、外部サイトからのコピーアンドペーストです。著作権侵害かもしれない記事を見つけたら、文章の中でもっとも特徴が出ている部分を抜き出して、検索エンジンで検索をかけてみるといいでしょう。検索エンジンでは、長い検索語は途中でカットされますので、文中の助詞や助動詞を消して空白で区切った方が簡単に見つけられる場合もあります。

著作権を侵害している記事には、いくつかの共通点があることが経験的にわかっています。見分ける際の経験則を掲載します。

まず、以下の内のどちらかであることが、ほとんどです。

  • 新規記事である。
  • もともと白紙、または一文のみなど、ほぼ白紙であった。

さらに、以下の条件を3つ以上満たす場合、その可能性が高いです。

  • IPユーザーの投稿である
  • 投稿者は一度きりの投稿である
  • ですます調
  • 句読点が「,」「.」
  • 一度に全角で100文字以上の投稿
  • Wikiのフォーマットではない
    • 一つだけの改行(整形時に半角スペースに置き換わる)
    • 段落分けされていない
    • [[ ]]が用いられていない
  • 英数字が全角("abc・・・"、"123・・・"など)
  • 記事名と内容が無関係

もちろん、これらを満たしている記事が全て著作権侵害というわけではありません。くれぐれも誤解なきよう。

参照[編集]