Wikipedia:削除された悪ふざけとナンセンス/遅刻関数

ナビゲーションに移動 検索に移動

遅刻関数(ちこくかんすう、late function)は目的地までの距離変数とし、ある人が遅刻する確率を値にとる関数である。目的地までの距離をx、遅刻する確率をP(x)とすると

Cは個人に特有の正の定数であり、この関数はx=1のとき極大値をとる。 P(1)=C/e であり、確率は常に1以下であるので C<e であることが分かる。x=1はその人が最も遅刻しやすい距離といえる。距離xが0に近づくほど遅刻確率は限りなく0に近くなり、またxが1より大きくなるにつれて遅刻確率は小さくなる。

関連項目[編集]