Ambox humor.svg

Wikipedia:削除された悪ふざけとナンセンス/ハナ=モー=ゲラーの法則

ナビゲーションに移動 検索に移動

ハナ=モー=ゲラーの法則(英語: Law of Hannah-Maux-Geller)とは、1954年マガリソ・ハナ(Margalisso Hannah)、ヘーイヤン・モー(Hayanne Maux)、オタマ・ゲラー(Othama Geller)の3名からなるフランスカナワンヌ医科薬科大学(当時)の研究グループにより提唱された定理で、哺乳類の行動を定義する式である。

概要[編集]

ハナはそれまでに嗅覚に関する研究、特に空気中の「におい成分」とそれに対する感覚器官の神経反応の研究を長年続けており、大脳生理学に携わっていたモーおよびゲラーと1952年より共同研究を始めた。彼らは人間の行動に対して臭気及び嗅覚反応が与える影響を調べ、1954年にその成果をMotherNature誌に発表した。

この内容はハナ=モー=ゲラーの法則と名付けられ、その検証を続けていたドイツカグワシッヒ・スメル(Kagwaschig Smöll)により1958年に若干の修正を受けた。以来、この分野の基礎定理として用いられている。

定理[編集]

ハナ=モー=ゲラーの法則は、哺乳類個体Aの消化器官にて生成されるガス状成分が肛門より体外に排出されたとき、そのガスに曝露する範囲内にいる他の個体Bが見せるガス曝露の瞬間からの反応が、その排出の状況などにより変化することを説明するものである。

I
個体Bが曝露の瞬間から単位時間内に取る、反応の速さ(有効反応時間)と行動内容の積分値
S
スメル係数
d
ガス排出に伴い発生する排出音の音量
C
個体Bの、臭気に対する許容定数
m
ガス排出量に対する固体成分の存在比

解説[編集]

スメル係数[編集]

ハナらは当初この係数を、排出ガスのにおいが硫化ガスに酷似することから「サルファ係数(S)」と名付け、24時間以内に摂取した食料の内容、消化液の分泌状況、宿便の有無と経過時間、ストレスの有無と消化に与える影響、等を反映した二十八元三次方程式で説明していた(ハナ=モー=ゲラー数)。しかし項の数が多すぎることによる煩雑さ、入力値の測定誤差が計算結果に与える影響、等が無視できなかったため、他の研究者の間からは忌避されていた。

スメルは1958年、サルファ係数と同じ値を求めることができる別の計算式を考案した。これは十五元二次方程式からなる計算式で、入力項が大幅に削減されるとともにそのいずれもが測定の容易な値であったため、定理自体の有用性を大幅に向上させた。これ以降、この値はスメル係数と呼ばれている。

臭気に対する許容定数[編集]

哺乳類の中でも、種によって排出ガスのにおい成分に基づくI値への影響が異なる。そのため、生物種及び置かれている環境別のグループに対して、固有の定数が与えられる。これを臭気に対する許容定数と呼ぶ。

哺乳類は全般にこの定数はかなり低い値を取る。ただし、ヒトを除き、同種の個体に対しては値が高くなる傾向を見せる。

人間は総じて極めて低い値を示すが、文化圏などにより大きな違いを見せることが知られている。社会的な影響により、ガスのにおい成分に対する反応が大きく変化することを示す結果と言える。

定理が示す内容[編集]

Iの値は概ね、個体Bのガスに対する反応、すなわちガスのにおい成分がいかに個体Bに対し重大な影響を及ぼすかを示す指標となる。

従って、定理の式から、以下の一般的な法則が説明できる。

  • ガスの成分により、ガスがもたらす影響の重大さは変化する。
    ガスの成分の定義に関する詳細はスメル係数を参照のこと。
  • ガス排出音が小さいほど、ガスがもたらす影響の重大さは増大する。
  • 所属する集団により、ガスがもたらす影響の重大さは変化する。
  • ガスの排出量は、ガスがもたらす影響の重大さには特に反映されない。
  • ガス排出にガス発生源の排出が伴う場合、それがもたらす影響の重大さは爆発的に増大する。

関連項目[編集]

この法則を理論的裏付けとした新しいタイプの毒ガス兵器だが、実際の兵器開発を行う前に計画は放棄された。


エイプリルフール
うそですが何か

この記事は、4月1日に立てられました。この記事の中身は出たら目で嘘八百です。
ジョークは楽しむためものです。柔軟に受け流してくれることを期待します。