Why R U ?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Why R U ?
ジャンル ラブコメディー
原案 Mandee Work
脚本 Candy On
AoftionDMD
監督 タナミン・ウォンスクンパット
出演者
国・地域 タイ王国の旗 タイ
言語 タイ語
話数 13話
各話の長さ 60分
製作
プロデューサー Kittipat Champa
放送
放送チャンネルチャンネル31
LINE TV
放送期間2020年1月24日 - 2020年4月24日
Why R U The Series (LINE TV)
番組年表
続編サイファーゾン・ストーリー(สายฟ้าซน Story)
テンプレートを表示

Why R U ?(ワイ・アー・ユー)は、2020年にタイで放送されたテレビドラマシリーズである。[1] Kittipat Champa [2] がプロデュースし、Candy On [3]とAoftionDMDが脚本、Natawarn Piyanontphongが演出、タナミン・ウォンスクンパットが監督している。

日本では10月30日に、2020年11月中旬頃よりU-NEXTにて独占見放題配信された。[4]

略歴[編集]

2018年末よりドラマの構想が開始される。

出演者のほとんどが新人であったため、ワークショップに長時間を費やす必要があり、2019年3月のキャスト発表後、2019年4月上旬から8月末までの5か月間ワークショップを実施した。2019年9月初旬に撮影が始まり、2020年1月24日よりOne 31とLine TVで放送された。放送中もまだ撮影が続いていたが、2020年3月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により中断される。[5] 予定通りに放送するため、既にすべてのシーンを撮影済みであったチューターとファイターのシーンをメインにし、編集を工夫することで対応した。[6] 放送は2020年4月24日に終了している。

本編にて描き切れなかったサイファーとゾンについては、「สายฟ้าซน Story(サイファーゾン・ストーリー)」として4月4日に公式Twitterにてスペシャルエピソードのポスター画像が公開された。[7] 11月11日にティザー映像が公開され11月26日よりLINE TVにて毎週木曜22:00 ICTより放送されることが発表された。[8] その後、政治情勢の悪化により11月26日の放送は中止となり、1週間後の2020年12月3日より全3話のスペシャルエピソードとしてLINE TVにて放送された。[9]

あらすじ[編集]

ゾン(シッティチョーク・プーアックプーンポン)は、BL小説家である妹のソル(ウィリンサラ・タンキットスーワニット)に対抗しSF小説家になることを夢見る大学生である。ある日、ゾンはいけ好かないイケメンのサイファー(カーン・クリッサナパン)と女性を巡り喧嘩をしている最中に事故でキスをしてしまう。それを目撃したソルによって、ゾンはBL小説の中でサイファーと恋人として書かれてしまう。ゾンは小説を削除するように求め、ソルが見たものは誤解でありキスはしていないことを誓う。しかしもしもゾンが嘘をついている場合、ソルの書いたフィクションはすべて実現するとソルが宣言した直後、雷鳴が轟く。するとその後、ソルによってBL小説のカップルとして書かれた人たちが次々と小説の通りになってゆき、ゾンは自分もサイファーとカップルになってしまうのではないかと恐れ始める。

ソルの小説では、ゾンの親友であるチューター(スパポン・ウドムケーオカンチャナー)とファイター(プルック・パー二)も主要なカップルの1つとして書かれている。実際に、ファイターは初めてチューターに会って以来、密かにチューターのことを気に入っていた。しかし、ファイターの父親は、一人息子であるファイターには自分の会社の後継者として期待を寄せており、チューターの女友達の一人であるワワ(Janista Pattanasiriwisawa)との交際を望んでいた。一方のチューターは親の破産により多額の借金を抱えており、家庭教師やカフェのアルバイトをしていたが、うまくいかず経済的に苦労していた。

キャスト[編集]

役割 主演
チューター セイント・スパポン・ウドムケーオカチャナー
ファイター シー・プルック・パーニット
ゾン シッティチョーク・プーアックプーンポン
サイファー カーン・クリッサナパン
役割 助演
ワワ Janista Pattanasiriwisawa
デイ Akalavut Mankalasut
ソーダ Arachaporn Pokinpakorn
ソル ウィリンサラ・タンキットスーワニット
ジャパン Parnupat Anomakiti
タンタイ Wichai Saefant
ディウ Saran Rujeerattanavorapan
ブルー Natasitt Uareksit
チャンプ Sorntast Buangam
セン Thanapat Thanachakulphisan
ナティ Piamchon Damrongsunthornchai
ジュニア Ratchapong Anomakiti
役割 ゲスト
ゾンとソルの母親 Metinee Kingpayom
ゾンとソルの父 Phenphet Phenkul
チューターの姉 Thikamporn Ritta-apinan
喫茶店の店主ケー Rusameekae Fagerlund
ファイターの父 Willy McIntosh
ティー Krittapak Udompanich
ヒューズ Peemapol Panichtamrong
ターン ミュー・スパシット・ジョンチーウィーワット
タイプ ガルフ・カナウット・トライピパタナポン

サウンドトラック[編集]

Why R U ?[編集]

曲名 英語/ローマ字タイトル アーティスト
พร้อมอยู่แล้ว (Are you ready?) Are you ready? ルーングリット・スィリーパーニ
นี่คือรักใช่ไหม[10] Nee Keu Ruk Chai Mai チャリニャー・スィリモンコンサクン x K-Otic
ทำไมต้องคนนี้?[11] Tummai Dtaung Kon Nee MEAN
กี่เหตุผลที่ทำให้รัก Gee Het Pon Tee Tum Hai Ruk Pantherist
รักใช่หรือเปล่า? (Is This Love?) Is This Love? イッサラー・キットニッチー
รักใช่หรือเปล่า? (Is This Love?) เวอร์ชันแร็พ Is This Love? (ラップバージョン) イッサラー・キットニッチー x スパポン・ウドムケーオカンチャナー
ความรู้สึกที่เปลี่ยน Feelings Change スパポン・ウドムケーオカンチャナー
ห้ามไม่ไหวแล้วใจ Can't Stop / Hahm Mai Wai Laeo Jai アート・パタラウィー・シーサンティスック
หัวใจมันไม่ฟัง Hua Jai Mai Fung Pinpin
Can you feel? ETC.
ความจริงข้างในใจ kwahm jing kahng nai jai
เธอคือเรื่องจริง Tur keu reuang jing タナクリット・パーニックウィ

サイファーゾン・ストーリー[編集]

曲名 英語/ローマ字タイトル アーティスト
มีกันอย่างนี้ Forever With Me TOMMY[12]
เรียกแฟนได้ไหม Call Me My Boo Perth[13]

評価[編集]

主に東アジア、東南アジア、南アジア、ヨーロッパ、アメリカ、ラテンアメリカなどに広く人気を博した。[14][15][16][17][18][19][20]

Line TVでの評価

2月評価は0.2353で12,149,508回、[21] 3月の評価は0.1720で17,510,118回[22]でLINE TV史上最も多い再生回数を記録した。また2020年4月の統計では、5500万回以上視聴されている。

脚注[編集]

  1. ^ เพชรวิโรจน์ชัย, สหธร (2019年4月23日). “WHY “Y” ทำความเข้าใจวัฒนธรรมวายกับ รศ.ดร.นัทธนัย ประสานนาม” (英語). ThePeople. 2020年8月13日閲覧。
  2. ^ Fayossy (2018年6月13日). ““ดูมันดิ : DoMunDi TV” เพจท่องเที่ยวที่หยิบทุกเรื่องมาเล่าได้อย่างสนุก และเกรียน” (英語). Marketing Oops!. 2020年8月13日閲覧。
  3. ^ Suwannatat, Pran (2020年5月7日). “เปิดเคล็ดลับความดัง #WHYRUtheseries อีกหนึ่งซีรีส์ Y ความสำเร็จจากนามปากกา Candy On | Brand Inside” (英語). 2020年8月13日閲覧。
  4. ^ 人気のタイBLドラマ『Why R U?』をU-NEXT独占で見放題配信決定”. 2020年11月11日閲覧。
  5. ^ สมาคมผู้กำกับภาพยนตร์ไทย ประกาศกองถ่ายงดออกกอง ระงับโควิด-19”. 2020年11月11日閲覧。
  6. ^ ประกาศชี้แจงจาก #WHYRUtheseries หวังว่าทุกคนจะเข้าใจและให้กำลังใจพวกเราชาววอยน้า”. 2020年11月11日閲覧。
  7. ^ ทำไมต้องรักคนนี้ฉันก็ไม่รู้ !!~”. 2020年4月4日閲覧。
  8. ^ WHY R U สายฟ้าซน Story ( OFFICIAL TEASER )”. 2020年11月11日閲覧。
  9. ^ เนื่องด้วย สถานการณ์ทางการเมืองที่กำลังเกิดขึ้น ทาง บริษัท มันดีเวิร์ค เล็งเห็นถึงความสำคัญและอยากให้พื้นที่ทุกคนในการติดตามข่าวสารต่างๆได้อย่างเต็มที่”. Twitter. WHYRUTheSeries. 2021年1月3日閲覧。
  10. ^ แก้ว-โทโมะ คัมแบ็คจับไมค์ชวนแดนซ์ในเพลง "นี่คือรักใช่ไหม"( WHY R U ?)” (タイ語). innnews (2020年1月16日). 2020年8月13日閲覧。
  11. ^ Chanthipp (2020年4月24日). “แนะนำเพลงประกอบซีรี่ส์วายมาแรง” (タイ語). TrueID In-Trend. 2020年8月13日閲覧。
  12. ^ มีกันอย่างนี้ ( Forever With Me ) - TOMMY【OFFICIAL MV】”. YouTube. Mandee Channel. 2021年1月4日閲覧。
  13. ^ เรียกแฟนได้ไหม ( Call Me My Boo ) - Perth【OFFICIAL MV】”. YouTube. Mandee Channel. 2021年1月4日閲覧。
  14. ^ ปังไม่ไหว! “เซ้นต์ ศุภพงษ์” ขึ้นแท่น Superstar Asia-Pacific | daradaily”. www.daradaily.com. 2020年8月13日閲覧。
  15. ^ Monkey, Black (2020年4月10日). “5 อันดับ ซีรีส์วาย ต้นปี 2020 ชวนจิ้น ฟินไม่หยุด!!” (タイ語). TrueID In-Trend. 2020年8月13日閲覧。
  16. ^ Phim đam mỹ 'Why R U?: The Series': Sẽ ra sao khi những câu chuyện tình boylove được vận vào chính phiên bản đời thực” (ベトナム語). SaoStar.vn (2019年9月17日). 2020年8月13日閲覧。
  17. ^ Makungo, Meshack. “Why R U? Episode 13: Release Date & Streaming Details” (英語). Otakukart News. 2020年8月13日閲覧。
  18. ^ LR, Redacción (2020年4月24日). “‘Why RU? The Series’ llega a su final con apasionados besos de sus protagonistas” (スペイン語). larepublica.pe. 2020年8月13日閲覧。
  19. ^ Heim, Bec (2020年3月22日). “How 'Why R U?' became the perfect Thai boy love drama for right now” (英語). Film Daily. 2020年8月13日閲覧。
  20. ^ Why R U?, es la serie BL más esperada para iniciar el 2020.” (スペイン語). Kland México (2019年11月26日). 2020年8月13日閲覧。
  21. ^ เปิดเรตติ้งการ์ตูนฮิต - ละครดัง - วาไรตี้ฮอตบน “LINE TV” กุมภาพันธ์ 2563” (タイ語). Marketing Oops! (2020年4月17日). 2020年8月13日閲覧。
  22. ^ เปิดเรตติ้งการ์ตูนฮิต - ละครดัง - วาไรตี้ฮอตบน “LINE TV” มีนาคม 2563” (タイ語). Marketing Oops! (2020年4月21日). 2020年8月13日閲覧。