UNLOCK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UNLOCK
KAT-TUNシングル
初出アルバム『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST “10Ks!”
B面 雨に咲く哀、夜に泣く藍(初回限定盤1)
GREATEST JOURNEY(初回限定盤2/通常盤)
HONESTY(通常盤)
JET(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル J-One Records
作詞・作曲 KAHLUA(作詞)
丸谷マナブ・Tobias Granbacka・Command Freaks(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2016年3月度月間5位(オリコン)[2]
  • KAT-TUN シングル 年表
    TRAGEDY
    (2016年)
    UNLOCK
    (2016年)
    Ask Yourself
    (2018年)
    テンプレートを表示

    UNLOCK」(アンロック)は、KAT-TUNの26作目シングル曲。2016年3月2日J-One Recordsから発売された。

    概要[編集]

    表題曲の「UNLOCK」はメンバーの亀梨和也主演の日本テレビ土曜ドラマ怪盗 山猫』の主題歌。カップリングの「GREATEST JOURNEY」はTBS系『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』のテーマソング。

    2016年3月31日で田口淳之介が脱退したため、このシングルが4人体制でのラストシングルとなった。また、同年5月1日をもって2017年12月31日まで充電期間に入ったため、充電期間突入前のラストシングルでもある。

    2016年5月から2017年12月まで “充電期間” に入り、グループとしての活動が事実上ストップしていたが、そんなKAT-TUNを応援しようと、ファンの間で『KAT-TUNの最新シングルUNLOCKを買って応援しよう』(Twitterなどでは「UNLOCK the KAT-TUN」とも言われる)と、今作の購入を呼びかける動きが起きた。

    この購買運動では、短期的に今作を集中購入することが呼びかけられており、購入期間は2016年6月27日から7月3日、同年7月25日から7月31日となっている。

    これらの原因は事務所の先輩であるSMAPの「世界に一つだけの花」やKinKi Kidsの「ジェットコースター・ロマンス」の購買運動があったことにより、本作の購買運動があったとされている。[3]

    チャート成績[編集]

    19.5万枚を売り上げ、3月14日付の週間オリコンシングルチャートでデビュー作から26作連続となる1位を獲得した。

    また、上記の「UNLOCKtheKATTUN」による影響で6月27日付のオリコンデイリーチャートで14位にランクインした。

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    通常盤・初回限定盤2・『怪盗 山猫』盤[編集]

    ※は通常盤、※※は初回限定盤2・通常盤、※※※は通常盤・『怪盗 山猫』盤のみ収録。

    1. UNLOCK [3:35]
      作詞:KAHLUA、作曲:丸谷マナブ・Tobias Granbacka・Command Freaks、編曲:Command Freaks
    2. GREATEST JOURNEY※※ [3:03]
      作詞:NOYCE'、作曲:Nai-T、編曲:河合英嗣
    3. HONESTY※ [4:14]
      作詞:25→graffiti、作曲:King of slick・Andrew Choi、編曲:King of slick
    4. JET※ [3:25]
      作詞:RUCCA、作曲:アンドレアス・カールソン・Markus Bogelund・TKMZ、編曲:Markus Bogelund
    5. UNLOCK(オリジナル・カラオケ)※※※
    6. GREATEST JOURNEY(オリジナル・カラオケ)※

    初回限定盤1[編集]

    1. UNLOCK
    2. 雨に咲く哀、夜に泣く藍 [4:05]
      作詞:FOREST YOUNG、作曲:Janne Hyoty・Teemu Lillrank・イワツボコーダイ、編曲:Janne Hyoty・河合英嗣

    DVD[編集]

    初回限定盤1[編集]

    1. UNLOCK(ビデオ・クリップ+メイキング)

    初回限定盤2[編集]

    1. GREATEST JOURNEY(ビデオ・クリップ+メイキング)

    出典[編集]