U字溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
積み重ねられたU字溝

U字溝(ユーじこう)とは、連結式の排水溝のことである。断面がU字型であることから命名されている。コンクリート製のものは鉄筋コンクリートU形と呼ばれている[1]。主に連結して道路や土地の用・排水路に用いられる。形状はJIS規格により定められており、工場で大量生産をすることができる。大きさは用途や水量に応じて対応できるよう、さまざまな大きさがある。状況に応じてコンクリート製やアルミニウム製(グレーチング)、木製の蓋が掛けられる。

製造[編集]

U字溝やそのふたの製法は、鋼製の型枠に鉄筋を挿入した後にコンクリートを投入し、バイブレーターを用いて締め固めを行い製造する[2]

U字溝のメリット[編集]

  • 側溝及び周辺の管理が低減された。
  • 現場打ちコンクリート側溝と比べて大規模なコストダウンが図られた。
  • 素掘り側溝と比べて浸透による損失が少ないことから、効率的な用排水が可能となった。
  • 日本住血吸虫の発生抑止など、直接的な病虫害対策に効果があった。
  • 計画的な勾配が確保できることから、淀みによる臭気などが抑えられ、衛生面の向上に繋がった。

U字溝のデメリット[編集]

  • 短時間のうちに雨水を効率よく集められることから、内水面の氾濫や洪水が起きやすくなった。
  • 小動物が落ちた場合には脱出が不可能になるなど、行動範囲を制約したり、水質の悪化を招くなど、地域の環境生態系に悪影響を与える。特に、繁殖に際して陸と水域を長距離移動するカエルサンショウウオなどの両生類オサムシなどの飛翔能力を欠く大型地表性昆虫、(側溝の深さによっては)小型の哺乳類などの、地域個体群のかなりの部分が捕殺され、無視できない影響を与えていると考えられている。このような環境への配慮の研究もなされ[3]、実際に対応した製品も作られている[4][5]
  • 人が側溝に落ちた場合、コンクリート製であるため、怪我をする危険性が高い。
  • 見た目が無機質・殺風景であり、景観を損ねる。

脚注[編集]

  1. ^ 建設省建設経済局労働資材対策室・建設資材研究会 1996, p. 250.
  2. ^ 建設省建設経済局労働資材対策室・建設資材研究会 1996, p. 251.
  3. ^ 道路側溝での両生類の転落死防止方法、CiNii論文、閲覧2017年5月18日
  4. ^ WeeklyAccessTop10、浦島太郎のような思いやりを、ITmedia ニュース、閲覧2017年5月18日
  5. ^ ハイダセール、全国小動物保護側溝研究会、閲覧2017年5月18日

参考文献[編集]

  • 建設省建設経済局労働資材対策室(監修) 建設資材研究会(編集) 『建設資材ハンドブック』 経済調査会、1996年8月20日ISBN 4-87437-425-5

関連項目[編集]