Thunar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Thunar
Thunar-logo.png
Thunar-0.8.0.png
Thunar のスクリーンショット
開発元 Xfce
最新版 1.4.0[1] / 2012年04月28日(23か月前) (2012-04-28
対応OS Unix系
種別 ファイルマネージャ
ライセンス GPL
公式サイト thunar.xfce.org
テンプレートを表示

Thunar(ソナー)はLinuxその他のUnix系システム用のファイルマネージャであり、GTK+ 2ツールキットを用いており、Xfce version 4.4 RC1 以降に同梱されている。Thunar は Benedikt Meurer によって開発されており、もともとは Xfce のファイルマネージャであった XFFM を置き換えることを目的としていた。Thunar は当初は Filer と呼ばれていた。しかし名称の重なりを避けるために Thunar に改名された。

Thunar プロジェクトの主な目標は、軽快でクリーンで使い易いファイルマネージャを作ることである。NautilusKonqueror など他のいくつかの Linux ファイルマネージャよりも素早く起動し反応が良いように設計されている[2]。アクセシビリティは、プロジェクトのもうひとつの目標であり、(例えばGNOME Accessibility Toolkitなどの)ユーザ支援技術を使って達成されている。Xfce の他の部分同様、Thunar は freedesktop.org などで示されている標準に基づくように設計されている[3]。Thunar の設計はシンプルで軽量だとはいえ、その機能はプラグインによって拡張することができる。

Thunar は北欧神話の雷神トール(Thor)に因んで名付けられた。

インタフェース[編集]

Thunar は Unixの世界における無数のツリー表示によるファイルマネージャとは違ったユーザインタフェース の構築を意図している。

そのインタフェースは Thunar の核となるコードが書かれるより前に開発された。初めに、最小限に動作するソフトウェアの原型がPythonで書かれた。機能が追加されユーザインタフェース要素がユーザ試験に応じて繰り返し変更された。

API[編集]

Thunar ではサードパーティの開発者のために API が提供されている:

  • "thunar-vfs" は高度なファイルシステム操作のための高機能クロスプラットフォーム API を提供する。
  • "thunarx" はファイルマネージャ自体の機能拡張を構築するためのライブラリを提供する。

また、様々なファイル形式でのコンテキストメニューに配置されるスクリプトを書くことでも Thunar を拡張できる。

Thunar のトール(Thor)

出典[編集]

  1. ^ Thunar git repository tag
  2. ^ Thunar Memory Usage
  3. ^ ThunarWiki: Standards

外部リンク[編集]