The Saboteur

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The Saboteur
ジャンル アクションゲーム
対応機種 PS3Xbox 360PC
開発元 パンデミック・スタジオ
発売元 エレクトロニック・アーツ
テンプレートを表示

The Saboteur』(ザ・サボチュア)は、パンデミック・スタジオが開発した、第二次世界大戦を舞台にしたサードパーソンアクションゲームである。欧米では2009年12月8日に発売された。なお、開発スタジオのパンデミックはこの作品を最後にエレクトロニック・アーツに吸収されたため、事実上の遺作となった。

ストーリー[編集]

レーシング・ドライバーであるショーン・デブリンは、親友のジュールを、ドイツ人レーサーで武装親衛隊大佐であるカート・ダーカーに殺害された。ショーンは彼の行方を追い復讐するため、レジスタンスとイギリスの情報機関であるMI6から依頼される任務をこなしていく。

概要[編集]

主人公[編集]

ショーン・デブリンというアイリッシュ系のレース・ドライバー・メカニック。モデルは、元レーサーでイギリス情報機関の情報員であったウィリアム・グローバー・ウィリアムズという人物。

舞台[編集]

1940年代ナチスに占領されたパリとその近郊、フランスドイツの国境の町であるザールブリュッケンが舞台で、当時の街並みが忠実に再現されている。

言語[編集]

ゲーム上では、検問所の兵士がドイツ語を話す以外は全て英語が使用されている。

システム[編集]

  • 忠実に再現されたパリ市内と近郊の街を自由に移動しながらストーリーを進めていく。
  • ナチスの占領下にあるエリアではグラフィックが白黒であるが、ナチスの施設を破壊することにより占領が解除されるとカラー映像になる。ただし、ドイツの町であるザールブリュッケンや一部地域は、白黒のままである。
  • 建物の屋上までよじ登ることが可能。また、電線をつたって建物間の移動も可能。
  • ライフは自動回復を採用している。負傷した際は画面が赤く表示される。
  • レジスタンスの本部は、ミッションを進行していく毎に増えていく。
  • 各レジスタンスの拠点には整備工場が設置され、整備士が常駐し、車両の保存と有料での修理が可能。
  • 武器・弾薬・地図・各アップグレードは、マップ内に数人いる武器商人から購入することができる。種類はストーリーの進行やスキルアップにより増えていく。
  • マップ内には数箇所の検問所がある。一時停止をして通行パスを兵士に見せれば通過できる。ただし、行き先が立入り禁止区域だと当然ながら、通行は許可されない。

警戒レベル[編集]

  • プレイヤーが街中でナチス兵士の殺害、銃を発砲、ダイナマイトを仕掛ける、戦車装甲車への乗車、壁によじ登るところ、検問突破、立入り禁止区域の侵入などをナチス兵士に目撃されると笛を吹かれて手配される。警戒レベルは犯罪を犯す具合によって円形で表示され、警戒区域から抜け出すか、マップ内に数十箇所ある指定された小屋または洗面所に一定時間隠れる、街中にいる女性とカップルを装う、一部ナチスの施設内にある警戒解除装置を作動させる、レジスタンスと一緒にナチスとのバトル対決をして勝利すると自動的に解除される。ただし、警戒レベルが4以上になると、エッフェル塔内のバーに行くか、ナチス集団とレジスタンスのバトル対決勝利のどちらかになり、解除装置が作動不可になる、小屋・洗面所が利用不可能になる上にカップルの偽装もできない。

ただ、あるスキルを行うと警戒レベル5でも小屋が利用できる。

偽装[編集]

  • ナチス兵士を格闘で殺害すると、軍服に着替えることができる。敵施設潜入の際は正体がばれにくくなる。

フリーポイント[編集]

  • 街中に配置してあるナチスの装甲車・戦車・給油施設・監視塔・プロパガンダ塔・スピーカー・迫撃砲・サーチライト・ラジオコントロール・ダーカーの銅像の破壊・ナチス将校の殺害・記念絵葉書を拾う・青く光った物資の入った箱を見つける・ビューポイントに到達するごとにポイントが手に入る。場所は武器商人から購入するマップに表示される。

登場人物[編集]

主人公・レジスタンス・仲間[編集]

ショーン・デブリン(Sean)
声 - Robin Atkin Downes
本作の主人公で、アイリッシュ系のレーシング・ドライバー。元々は整備士であり、親友のジュールズと共にビットーレの下で働いていた。彼らを英国諜報員と誤解したダーカーに拷問され、ジュールズが命を落としたことで自暴自棄になっていたところをルークに誘われてレジスタンスに参加する。命に関わる危険な任務ばかりにもかかわらず、常にジョークを欠かさない。タバコウイスキーが好みでいつも持ち歩いている。また、ジュールズの形見である手提げかばんを肩にかけている。
ルーク(Luc)
声 - André Sogliuzzo
ショーンを炊きつけてレジスタンスに参加させたフランス人。レジスタンスの一団を率いるリーダー。元は作家だったがナチスの思想統制によって著書のほとんどが発禁にされ、レジスタンスを立ち上げるに至った。元作家という経歴からか思想家らしい言動が目立ち、同じレジスタンスのリーダーでありながらもリアリストのミンゴらとは折り合いが悪い。また、レジスタンスのために使えるものは何でも使うという姿勢が反感を呼び、ショーンとはたびたび衝突する。
ジュールズ・ルソー(Jules)
声 - André Sogliuzzo
ショーンと共にビットーレの下で働く整備士。ショーンとは親友であり、同時に兄弟のような関係でもある。ダーカーの卑劣な手でショーンがレースに負けたことに憤り、ショーンと共にダーカーのレースカーを破壊しようとするが、ダーカーに捕らえられ拷問の末に射殺された。
ヴェロニーク・ルソー(Veronique)
声 - Karen Strassman
ジュールズの妹。ショーパブを経営する両親の下で育ったために男嫌いで、兄のジュールズを除きショーンに対してもそれなりに親愛の情は示しつつも言動には棘がある。ルークの著書を読破しており、彼の思想に心酔している節がある。兄の死からくる喪失感を埋めるようにルークに執心し、レジスタンス活動にも強引に参加する。
ビットーレ(Vittore)
声 - Jim Ward
ショーンの上司であり父のような存在。元ドイツの官庁用車の整備士。ショーンが危険なレジスタンスに参加していることを快く思っていないが、止めることができずにいる。ダーカーとはドイツメカニック時代に面識があるが、互いに友好的ではない。
ガスパード&ルディビーン・ルソー(Gaspard & Ludivine)
声 - ガスパード/Steve Blum、ルディビーン/Rajia Baroudi
ジュールズとベロニークの両親。ショーパブBelleを経営しており、息子の死後ナチスと対立したショーンにBelleの控室を拠点として提供する。
スカイラー(Skylar)
声 - Kari Wahlgren
ビショップの部下である諜報員の女性。ビショップの指示に従いながら、ショーンやルークに協力する。作中あまり言及されないが本国イギリスでは伯爵夫人という立場でもある。ショーンとは本作の事件以前に面識があり、愛人関係にあった模様。基本的には英国諜報員という立場からの発言が多いが、言葉の端々にはショーンを気遣う様子が見られ、ビショップやウィルコックスのように完全にショーンを手駒として見ているわけではないようである。
ビショップ(Bishop)
声 - ジョン・ノーブル
イギリス特殊作戦執行部(SOE)の役人で、フランスでのナチス対策の指揮官。ショーンに仕事をこなしてもらったお礼として、ダーカーの情報を提供する。また、ショーンの能力を高く評価している。移動する際はウィルコックスが運転する高級車に乗っている。
ウィルコックス(Wilcox)
声 - Graham McTavish
ビショップの部下であるイギリス人男性。ショーンにはナチスの通信基地・神経ガス工場の破壊を命じる。ビショップが車で移動する際に運転も担当している。普段は、ル・アーヴルにあるキリスト教会(MI5の拠点)にいる。
カスラー(Kessler)
声 - Phil Proctor
ダーカーが勤務する研究所で働く博士。研究所では原子力兵器の開発を行っていたが、ストーリー終盤で、研究所内の施設を爆破する任務を依頼されたショーンに協力する。
マリア(Maria)
声 - Katrin Biemann
カスラーの娘。カスラーを研究に協力させるために人質としてナチスに捕らえられていたが、後にショーンによって救出される。
マーゴット(Margot)
声 - Cynthia Songé
レジスタンスを率いる中年女性。
ミンゴ(Mingo)
声 - ハキーム・ケイ=カジーム
カタコンベを拠点とするレジスタンスを指揮する黒人男性。
クロシェ(Le Crochet)
声 - Nolan North
ナチスに囚われていた軍人。片手を失っており、義手代わりにフックを取り付けている。ショーンに救出され、部下たちと共にレジスタンスに協力する。
デニス(Father Dennis)
声 - Steve Blum
カトリック神父。ナチスの蛮行に胸を痛めており、たびたびショーンを頼ってその蛮行を阻止しようとする。
クウォン(Kwong)
声 - Matthew Yang King
中国系移民の博士で精神科医。パリ市内にあるチャイナ・タウンに居住する。

ナチス[編集]

カート・ダーカー(Dierker)
声 - Mischa Pfister
ドイツ人。レーサーであるのと同時に武装親衛隊大佐で、ショーンとジュールズを英国諜報員(おそらくビショップとウィルコックス)であると誤解し、拷問の末にジュールズを殺害する。ストーリー中盤で、一時フランスを離れベルリンに逃れる。やがてレジスタンスの活動激化や戦争の不振から精神的にかなり不安定になり、エッフェル塔内で仲間である親衛隊の兵士たちを次々に殺害した後、ショーンに拳銃で撃たれ、屋上から落下して死亡する。ショーンとの最後の会話ではナチス・ドイツの敗北と自らの死を悟っていた。
フランジスカ(Franziska)
声 - Karen Strassman
ダーカー配下の女性士官。ダーカーの車を破壊しようとしたショーンとジュールズを捕らえ、ダーカーに引き渡した。
サントス(Santos)
声 - S. Zev Esquenazi
武器、物資をレジスタンスに提供していたスペイン系男性。ストーリー中盤でドイツ軍に協力していたことが発覚し、ショーンに追い詰められ銃撃戦の際に死亡する。
テラー・スクワッド
ナチスの特殊部隊東部戦線で暴れまわったらしい。他の兵士に比べて体力が多く強力な武器を所持している。その耐久力はヘッドショットにも耐えられるレベル。ストーリ中盤から登場するほか、ハーフトラックにも1名乗っている。

登場武器[編集]

ピストル
  • ルガーP08
    ナチス将校や一部の兵士が使用している。威力が小さい。
  • ワルサーPPK
    サプレッサーが付いているので敵に気づかれにくい。
  • モーゼルM712
    威力がそこそこ強くバランスがとれている。
  • S&W M44
    威力が高いが反動も強い。
  • エクスキューショナー
    カート・ディエーカーが使用するマシンピストル。ルガーP08を改造している。メインミッションを全てクリア後に武器商人から購入できる。
サブマシンガン
MP40
  • MP40
    ナチス兵士が使用している。威力が小さい。
  • StG44
    ナチス兵士が使用している。威力がそこそこ強くバランスがとれている。
  • トンプソン短機関銃
    レジスタンスが使用している。装弾数60発のドラムマガジンを使用する。
  • ステン短機関銃
    レジスタンスがサプレッサー内蔵のMk-II(S)を使用。
  • テラーMP60
    テラー・スクワッドが使用している。装弾数が多く威力と連射に優れるが反動が強い。
ショットガン
  • 中折れ水平二連式散弾銃
    レジスタンスが使用している。装弾数が2発と少ない。
  • ウィンチェスターM1912
    ナチス兵士とレジスタンス双方が使用している。バランスのとれた普通のショットガン。
  • テラー・ショットガン
    テラー・スクワッドが使用している。威力が高く連射速度が速い。
ライフル
  • ハンティングライフル
    最も弱いライフル。
  • Kar98k
    ナチス兵士が使用している。スコープ付きと無しがある。連射速度が遅い。
  • ワルサーGew43半自動小銃
    ナチス兵士が使用している。スコープ付きと無しがある。連射速度が速い。
  • スコープ付きテラーライフル
    威力が高く連射速度が速い。
重火器
  • パンツァーファウスト
    破壊力・殺傷能力が高く敵施設を破壊可能。所持弾数が少ない。
  • パンツァーシュレック
    一部ミッションでナチス兵士が所持している。破壊力・殺傷能力が高く敵施設を破壊可能。所持弾数が多い。
  • テラー火炎放射器
    テラー・スクワッドが使用している。
  • 火炎放射器
    ナチス兵士が所持している。背中にあるタンクを撃つと爆発する。プレイヤーは使用できない。
その他
M24型柄付手榴弾
  • M24型柄付手榴弾
    殺傷力は普通だが、遠くまで投げられるのが特徴である。ただ、敵に向けて投げても回避する者もいるため、あまり役に立たない時がある。
  • ダイナマイト
    ナチスの施設や装甲車、戦車、監視塔、スピーカーなどを破壊する際に使用できる。安価で破壊力が高い。
  • RDX爆弾
    設置後に任意のタイミングで爆破できる。距離が離れすぎると反応しなくなる。
  • ブリッジ・キラー
    橋爆破専用の爆弾。

登場する乗物・兵器[編集]

乗り物は全てガレージに保管できる。

レーシングカー[編集]

Allard J2X

一般車[編集]

シトロエン・トラクシオン・アバン
メルセデス・ベンツ・G4

装甲車・非装甲車[編集]

ある条件を満たすと装甲車の所有・保管が可能になる。

プジョー・402・Eclipse
キューベルワーゲン
  • キューベルワーゲン
    Type 82。ナチスの憲兵が使用。偵察型と機銃搭載型がある。パリ市内に数箇所、ドイツとフランスの国境ゲート前に駐車されている。偵察用は主人公が事件を起こすとまっさきに駆けつけてくる。
オペル・ブリッツ
  • オペル・ブリッツ
    軍用トラック。ナチスが兵員輸送用として運用。警戒レベルが上がると兵士を5名乗せて出現。車両はフリーポイントで破壊することになる給油施設や特定の場所に置いてある。また、幌付以外にも機銃搭載型やタンクローリー型も存在する。
  • ツェンダップ・KS750
    ナチスの憲兵が使用するサイドカー。各検問所に駐車されている他、警戒レベル1で登場する。機銃付きと無しがある。
Sd Kfz 251/1 ausf.D
  • Sd Kfz 251
    ナチス兵士が使用する装甲車。一部ミッション以外にも警戒レベルが4になると出現。機銃が搭載されている。テラー・スクワ*ッドが1名乗っている。パリ郊外の住宅跡地に乗り捨てられている。
ダイムラー装甲車
  • ダイムラー装甲車
    武装親衛隊が使用する砲塔付の装輪装甲車で、警戒レベルが5になると出現する。戦車と同様にマップ内の数十箇所に配置されている。この車両を爆破すると報酬が手に入る。また、車両はパリ郊外の住宅跡地に乗り捨てられている。

戦車[編集]

パリ郊外に放置してある以外にも、条件を満たすと戦車の所有・保管が可能になる。

  • マウス
    武装親衛隊重戦車。マップ内の数箇所に配置されている。プレイヤーはそれらを爆破すると報酬が手に入る。また、パリ郊外の住宅地跡に乗り捨てられている。大型戦車なので耐久力が一番高い。警戒レベルが5になると出現する。
III号戦車
  • III号戦車
    中戦車。パリ郊外の住宅跡地に放置されており、プレイヤーも操縦できる。フリーポイントの破壊や敵との戦闘にも使用でき、耐久力は比較的高い。
ルノーFT
  • ルノーB1(シャールB2)
    武装親衛隊が使用している重戦車。副武装に火炎放射器が装備されたいわゆる火炎放射戦車でもある。フリーポイントで破壊することになる。パリ郊外の住宅跡地に乗り捨てられている。耐久力は低い。
  • ルノー FT-17 軽戦車
    軽戦車。パリ郊外の農村に何故か放置されている。プレイヤーが操縦可能。副武装は装備されていない。フリーポイントの破壊や敵との戦闘にも使用できるが、耐久力は低い。

軍用機[編集]

  • ツェッペリン
    ドイツ軍機銃飛行船。マップ内を頻繁に飛行しているほか、2つのミッションでプレイヤーは搭乗可能。また、上空を飛行している場合、これを爆破すると報酬が手に入る。
メッサーシュミット Bf109

兵器[編集]

V2ロケットの実物大の模型

サウンドトラック[編集]

  • クープ - Koop Island Blues (Featuring Ane Brun)
  • Ella Fitzgerald - Somebody Nobody Loves
  • Ella Fitzgerald - Caravan
  • Madeleine Peyroux - Dance Me to the End of Love
  • ニーナ・シモン - Feeling Good
  • ニーナ・シモン - Feeling Good (Troublemaker Remix)
  • Isаac Sprintis - Feeling Good (Sprintis Remix)
  • Steve Sidwell - Walk The Walk
  • Howard Shaw - Red, White & Blues
  • Peter Cork - Depression Blues
  • Steve Sidwell - Smoochie Coochie
  • Ruben Ayala & Mile Deering - Relaxing Risk
  • Frank Macchia - On The Rocks
  • Jan Stevens - Martini Lounge
  • Jan Stevens - Terrapin On A Tightrope
  • Maxayn - The Finger Points To You
  • Kacee Clanton - Don’t Do Me Wrong [instrumental]
  • Charles Chemery - S’Embrasser A La Plage
  • Allison Adams Tucker - Quand J’tai Perdu
  • Robert Farnon - Blue Theme
  • Steve Martin - Expose
  • Deb Lyons - Over The Moon
  • Allison Adams Tucker - L’Homme Que J’Adore
  • Maxayn - The Finger Points To You [instrumental]
  • Kacee Clanton - Don’t Do Me Wrong
  • Charles Chemery - S’Embrasser A La Plage [instrumental]
  • Allison Adams Tucker - Quand J’tai Perdu [instrumental]
  • Deb Lyons - Over The Moon [instrumental]
  • Allison Adams Tucker - L’Homme Que J’Adore [instrumental]
  • Steve Martin - Expose (Extended)
  • クリストファー・ヤング - The Saboteur Theme
  • クリストファー・ヤング - The Saboteur Theme [action mix]
  • クリストファー・ヤング - The Saboteur Theme [ピアノバージョン]
  • Flogging Molly - Seven Deadly Sins
  • The Saboteur Intro
  • クリストファー・ヤング - The Saboteur Theme [ジャズミックス]

地名[編集]

フランス[編集]

  • パリ
    フランスの首都。物語前半でナチスに占領されるが、主人公の活躍で徐々に占領が解除されていく。物語終盤では、パリ市民たちが反ナチスの暴動を起こし戦場状態になる。
  • ル・アーヴル
    パリから数キロ先にある港町。主人公が利用できるガレージがあり、その側にある教会はレジスタンスの拠点の1つであり武器商人もいる。

ドイツ[編集]

  • ザールブリュッケン
    フランスとドイツの国境の町。町には国境検問所、郊外にはサーキットやダーカーの勤務先である研究所、ナチスの基地と飛行場が所在する。ここは検問でパスを見せても通行できないので、強行に突破しないと行くことができない。画面は序盤の一部ミッションを除いて白黒表示のみ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]