The Boys

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Boys
少女時代スタジオ・アルバム
リリース 2011年10月19日
ジャンル K-POP Dance
レーベル SMエンターテインメント
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン)
少女時代 年表
Hoot
(2010年)
The Boys
(2011年)
I Got a Boy
(2013年)
テンプレートを表示

『The Boys』(ザ・ボーイズ)は、2011年10月19日に韓国で発売された少女時代の3枚目の正規アルバム、またはそのタイトル曲。

解説[編集]

  • 少女時代3枚目の正規アルバムにして、本格的な欧米進出を開始した作品。プロデュースにはテディ・ライリーをはじめとする有名作曲家が多数参加している。 ユニバーサルミュージック傘下のインタースコープ・レコーズから英語版「The Boys」を発売。
  • タイトル曲「The Boys」は発売日にアメリカiTunesの総合シングルチャートでも82位を記録し、韓国歌手としては初めてのトップ100入りを果たした[1]
  • アルバムは発売後2週間で22万枚を売り上げ、ガオンチャートの10月の販売枚数1位になった。2011年のアルバムチャートでは38万5348枚の販売枚数を達成し、年間1位のセールスを記録している。更に2012年5月には累計で41万542枚を記録した。2010年以降の統計において、単一のレコード(リパッケージ合算を除く)で40万枚を突破した歌手は、少女時代だけとなっている[2]。ガオンチャート関係者は「世界的なK-POPブームの影響で、海外のファンが韓国のCD販売サイト等で購入するケースが増加したためと推測される」と語っている[3][4]。また19日に公開されたミュージックビデオは、公開から4日でYouTubeで再生回数1,000万回を突破した。
  • 「春の日」はメンバーのスヨンが作詞した。
  • 2011年12月8日に、リパッケージアルバム『Mr.Taxi』を発売。「The Boys」の英語バージョンが追加収録された。
  • 2012年1月17日に、アメリカで欧米版『The Boys』を発売。ビルボードチャート・アルバム部門の「ワールドチャート」で2位、「ヒートシーカーズアルバムチャート」[5]で22位になった[6]

収録曲[編集]

  1. The Boys
  2. Telepathy
  3. Say Yes
  4. Trick
  5. How Great Is Your Love
  6. My J
  7. Oscar
  8. Top Secret
  9. Lazy Girl (Dolce Far Niente)
  10. Sunflower
  11. Vitamin
  12. Mr. Taxi (Korean Ver.)

出典・脚注[編集]