Template:Anchors

半永久的に拡張半保護されているテンプレート
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]
アンカー作成テンプレート共通ヘルプ

アンカー、つまり[[#リンク先]][[ページ名#リンク先]]など、ページ内へのリンク先を作るテンプレート、{{Anchors}}、{{Visible anchor}}(別名: {{Vanc}})について解説します。

通常は、#引き潮は、同じページの「引き潮」の冒頭へのリンクですが、アンカーを作ることで、任意の名前で、ページ内の任意の箇所にリンク先を作る事ができます。ただし、1つのページの中に同じ名前のアンカーを複数作るとうまく動作しないので、注意して下さい。そのようなページはHTMLとしても正しくありません。W3C Markup Validation Serviceを使うことで、チェックができます。

アンカーを作った際は、どこからリンクしているのかを、コメント、つまり<!-- 注釈 -->の形で明示する方が良いかも知れません。特に、他の記事からリンクをしている際は、そうすることで、アンカーの名前の変更によるアンカーへのリンク切れを防げるでしょう。

使い方

Anchors

一番単純なのは、{{Anchors}}を使う方法です。(後ろにsを忘れずに){{Anchors|リンク1|リンク2|...}}とすると、アンカーを作れます。これらは、[[#リンク先1]]、[[#リンク先2]]、…としてリンクできます。何も表示はされませんが、リンク先が、そこに作られます。

  • 例:{{Anchors|アンカー1|アンカー2}}
  • 結果:(何も見えませんが、アンカーが左のかっこの前にあります)

#アンカー1#アンカー2は、上の「結果:」の直後(同じ行)にジャンプします。

Visible anchor

{{Visible anchor}}(別名: {{Vanc}})は、似たテンプレートですが、1個目のリンク先が表示されます。

#va1#va2#va3は、上のva1の前(va1と同じ行)にジャンプします。

Template:Anchorは廃止されました

後ろにsがない{{Anchor}}は、廃止されました。

節とアンカー

節に別名を付ける

アンカーを使い、節に別名を付けることができます。

== {{subst:Anchors|別名1|別名2}}節の名前 ==

もしくは

== {{Visible anchor|節の名前|別名1|別名2}} ==

などとします。この節にも、#別名でリンクを作ってあります。ページのソースを見て下さい。

これで、他のページからでも、[[ページ名#別名]]でリンクできます。

別名が必要な時は、たとえば他のページからその節へのリンクが既にある時に、節の名前を変更した後です。

節の名前の固定と、他の編集者への注意

アンカー作成テンプレートを使う場合でも、そうでない場合でも、節の名前を変更して欲しくない時は、コメント、つまり<!-- 注釈 -->を使い、他の編集者への注意を残して下さい。元の名前を別名として残して欲しい時は、「{{Anchors}}を使うこと」「詳細は{{Anchors}}のヘルプを見よ」などと書いて下さい。

特に、他のページからのリンクがある場合、節の名前が変更されても、リンクが無効になる事を防ぐ事が期待されます。

編集時の不便

このテンプレートを使用した節を節編集しようとすると、要約欄への自動的な記述が適切に行われません。

具体的には、
== {{Anchors|カルチョ}}イタリア ==
と書くと、要約欄は本来/* イタリア */となるべきですが、/* {{Anchors|カルチョ}}イタリア}} */となってしまいます。これについては、subst展開を行うことで対処できます。

別名

TemplateData

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Anchors

アンカー(ページ内の位置へのリンク先)を作るテンプレート

テンプレート引数

このテンプレートは、パラメーターを1行で記述することが推奨されています。

引数説明状態
リンク先11

{{Visible anchor}}の場合は、テキストが表示されます。

必須
リンク先22

説明なし

省略可能
リンク先33

説明なし

省略可能

関連項目