Template:=

ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

このテンプレートは、テンプレートの無名(番号)の引数や、switchの判定値の中で等号 =を書く時に用いる。これを使わないと、=は引数名と値の区切りあるいはswitchの判定値と戻り値の区切りとして解釈されてしまう。また、このテンプレートをsubst展開してはならない。

  • 例:{{Colors|black|yellow|2 + 2 {{=}} 4}}
  • 結果:2 + 2 = 4

{{=}}を使わないと、"2 + 2"という名前の引数に、値"4"を指定したことになってしまう。

単に表示する文字としてなら=を使っても良いが、他の編集者にとっては読みづらいので、避けるべき。

関連項目[編集]