TIA/EIA-568-A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TIA/EIA-568-Aは、米国規格協会(ANSI)で定めたLANケーブル終端における結線規格である。T568Aと略される。また、これに基づいて結線されたLANケーブル終端またはLANケーブルである。 ストレート・スルー・ケーブルの両端をT568AとしたLANケーブルは、T568Aストレート・スルー・ケーブルとも称される。クロス・オーバー・ケーブルでは、終端の一方がT568A、他方がT568Bとなる。

結線[編集]

LANケーブル終端のピン・ポジションにおける結線順序は、下記の結線図のとおりである。

T568A RJ45 結線図
ピン番号 ペア番号 ワイヤ種別 ワイヤ色 ピン・ポジション
1 3 tip Pair 3 Tip
白緑 ストライプ
Rj45plug-8p8c.png
2 3 ring Pair 3 Ring
緑 単色
3 2 tip Pair 2 Tip
白橙 ストライプ
4 1 ring Pair 1 Ring
青 単色
5 1 tip Pair 1 Tip
白青 ストライプ
6 2 ring Pair 2 Ring
橙 単色
7 4 tip Pair 4 Tip
白茶 ストライプ
8 4 ring Pair 4 Ring
茶 単色

終端の操作[編集]

TIA/EIA-568-Bとの違いは、緑単色と橙単色、白緑ストライプと白橙ストライプとが入れ替わるだけであることから、終端を操作するだけで、T568Aストレート・スルー・ケーブルの一端をT568Bに加工することにより10Base-T/100Base-TX対応クロスオーバー・ケーブルにすることも可能であり(100Base-T4、1000Base-TX、1000Base-Tのアサインは異なる)、またT568Aストレート・スルー・ケーブルの両端をT568Bに加工することによりT568Bストレート・スルー・ケーブルにすることも可能である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]