Swappiness

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SwappinessLinuxカーネルスワップ処理を行う頻度を変更するためのパラメータである。

Swappinessには0から100までの値を設定することができる。 低い値を設定するとカーネルは可能な限りスワップを行わないようにし、高い値を設定すると積極的にスワップ領域を利用しようとする。 既定の値は60となっており、たいていのシステムでは100に設定すると全体的なパフォーマンスに悪影響を及ぼし、0を含め低い値に設定すると応答速度が向上する(反応までの遅延が減少する)とされる。[1]

要約すると次のようになる。

スワップ頻度
vm.swappiness = 0 メモリが一杯になるまでスワップを利用しない
vm.swappiness = 60 規定値
vm.swappiness = 100 全体のパフォーマンスに影響しうるほど積極的にスワップ処理を行う

設定方法[編集]

Linuxでswappinessを一時的に設定したい場合、たとえば100に設定したいならrootユーザにおいて下記のコマンドを実行する。

echo 100 > /proc/sys/vm/swappiness

あるいは

sysctl -w vm.swappiness=100

同様に恒久的に変更するためには /etc/sysctl.conf ファイルに下記の行を記述し、再起動する。(もしないならば追記する)

vm.swappiness = 100

現在の値を確認するには次のコマンドを実行する。

cat /proc/sys/vm/swappiness

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Linux: Tuning Swappiness” (2004年4月29日). 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]


この記事は英語版ウィキペディアにある同じ項目の記事この版から翻訳された記事である。