Sugar Labs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sugar Labs
設立年 2008年5月15日 (2008-05-15)[1]
種類 NGO and Non profit organizationNGO非営利団体
目的 Educational→教育
本部 Boston, Massachusetts, USAアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
貢献地域 ワールドワイド
メンバー Contributors approved via community consensus →コミュニティの合意によって承認された貢献者
公用語 英語
会長 ウォルター・ベンダー英語版
関連組織 Software Freedom Conservancy
ボランティア 100+→100人以上

Sugar Labs is a software-development and learning community. Sugar Labsは、ソフトウェアの開発と学習のコミュニティである。 Sugar Labs is a non-profit foundation whose mission is to produce, distribute, and support the use of the Sugar learning platform. Sugar Labsはアメリカ合衆国の非営利団体であり、Sugar (デスクトップ環境)英語版学習プラットフォームの配布、およびサポートを使命としている。 [2][3][4]

Sugar Labs supports the community of educators and software developers who want to extend the platform and who have been creating Sugar Activities. Sugar Labsは、Sugar学習プラットフォームの拡張や、Sugar Activitiesの製作を行う教育専門家およびソフトウェア開発者のコミュニティを運営している。

A community project, Sugar is available under the open-source GNU General Public License (GPL) and free to anyone who wants to use or extend it. → コミュニティ・プロジェクトであるSugarは、GNU General Public License (GPL)の元でオープンソースとして提供されており利用や拡張が自由にできる。

Sugar Labs is a member of the Software Freedom Conservancy, an organization composed of free software (FLOSS) projects. Sugar Labsは、フリーソフトウェアプロジェクト(FLOSS)で作る組織であるSoftware Freedom Conservancyのメンバーである。 [5]

" As a fiscal sponsor for FOSS projects, the Conservancy provides member projects with free financial and administrative services, but does not involve itself with technological and artistic decisions. → Software Freedom Conservancyは、FOSSプロジェクトのスポンサーとしてメンバープロジェクトの管理および資金提供を行うが、技術面や思想面には関与しない。

" On 2009-06-23, Sugar Labs announced the availability of Sugar on a Stick v1 Strawberry. → 2009年6月23日、Sugar LabsはSugar on a Stick V1 Strawberryを発表した。

Available free for download at, Sugar on a Stick can be loaded onto an ordinary 1 GB USB flash drive and used to reboot any PC or netbook directly into the Sugar environment. → Sugar on a Stickはwww.sugarlabs.orgから自由にダウンロードでき、1 GiBのUSBフラッシュドライブに収まるので、PCやネットブックへのSugarデスクトップ環境の導入を容易にする。 [6]

On 2009-07-23, Recycle went live with a program to reflash used USB keys with the Sugar software and donate them to schools. 2009年7月23日に、 Recycle と一緒にSugarソフトウエアにUSBキーをつかってプログラムを再書き込して、そして各学校に寄付した。 [7]

On 2009-12-08, Sugar Labs announced the availability of Sugar on a Stick v2 Blueberry, which incorporates Sugar Release 0.86. → 2009年12月8日に、Sugar Labsは、 Sugar Release 0.86を組み入れたSugar on a Stick v2 Blueberry を発表した。 [8]