サイトコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sitecoreから転送)
移動先: 案内検索
サイトコア
Sitecore
種類 株式会社
本社所在地  デンマーク - コペンハーゲン
設立 デンマークの旗 デンマーク (2001年)
業種 ソフトウェア
代表者 マイケル・サイファート(CEO
テンプレートを表示

サイトコア (Sitecore) は、デンマークに本社を置く、中規模から大規模向けを対象とした .NET に対応した Web CMS ソリューションを提供している会社。アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、オーストラリア、オランダに続いて、2010年1月に日本法人を設立し、.NET に対応した Web CMS のビジネスを展開している。

コンテンツ管理フレームワーク[編集]

Sitecoreの主要製品であるSitecore CMSでは、コンテンツとプレゼンテーションを分離して管理をしている。また、言語ごとのバージョン管理機能を搭載している。このシステムは、コンテンツ配信シナリオで使用可能であり、HTMLPDFFlash/Flex、Silverlightを始めとする出力フォーマットをサポートしている。

製品[編集]

Sitecore CMS[編集]

.NET 対応の CMS 製品であり、Windows Server 上で動作する IIS と SQL Server 上で Web サイトを構築するための基本システム。Internet Explorer や FireFox などのブラウザを利用してサイトをメンテナンスすることができる編集機能が特徴的である。また、.NET システムとのより密接な連携ができるように API を提供しているなど、既存システムとの連携ソリューションを意識した製品構成となっている。

Sitecore DMS[編集]

正式名称は Sitecore Digital Marketing System、略称として Sitecore DMS と表記されることが多い(以前はOMS:Online Marketing Suiteと呼ばれていた)。Web でビジネスをする上で必要とされるアクセス解析、マーケティング機能を Sitecore CMS に追加する。

Sitecore ECM[編集]

正式名称は Sitecore Email Campaign Manager 、略して Sitecore ECM と表記されることが多い。顧客向けのニュースレターのページ作成機能を Sitecore CMS の中で操作することができるだけでなく、配信後のデータを Sitecore DMS で解析することができるなど、Web だけではなくメールも含めたソリューションとして活用することができる追加モジュール。

拡張モジュール[編集]

Active Directory モジュール

ユーザー認証の仕組みとして Active Directory と連携を実現するためのモジュール。

Web Form for Marketers モジュール
Sitecore OMS に追加することで Web サイトで情報を収集することが簡易化されるモジュール。
Dynamics CRM モジュール
マイクロソフトが提供している CRM システム、Dynamics CRM と連携することができるモジュール。Web Form for Marketers と合わせて利用することで、問い合わせの内容を CRM に自動的に反映させるなどのことが可能。Dynamics CRM Online にも対応。
SharePoint Connector モジュール
マイクロソフトが提供している SharePoint Server と連携するモジュール。SharePoint Server を外部のデータベースとして利用することができる。SharePoint Online には未対応(2011年5月現在)
Sitecore Azure
マイクロソフトのクラウドプラットフォーム、Windows Azure 上に配信用サーバーを配置し、クラウドを活用して Web サイトを運用が可能になるモジュール。Sitecore CMS にインストールをして利用することが可能。MSN 産経フォトなどで Windows Azure と組み合わせた形で運用されている[1]
その他
Sitecore Marketplaceで、シェアードソースのモジュールを含めて、サードパーティー製のモジュールを探すことができるようになっている。

マイクロソフトのSharePointとの関係[編集]

Sitecore CMSは、マイクロソフトの主要ウェブベースのコンテンツ管理システムであり、Microsoft Officeプラットフォーム製品である Microsoft SharePointと比較されることが多い。両製品は特定分野において共通する特長を持ってはいるものの、両システムが狙いとするアプリケーション分野は異なっている。マイクロソフトのSharePointが主にイントラネットでの連携シナリオで利用される一方、Sitecore CMSは公開サイトを管理するために利用されることが多い。また、SharePoint Connector を利用することで、イントラネットで展開されている SharePoint と連携ができるため、相互に補完する関係となっている。

技術[編集]

Microsoft .NET テクノロジーに基づいて構築されたSitecoreは、ウェブサイトの訪問者に対しページをダイナミックに配信する動的 Web CMS となっている。パフォーマンスを向上させるために、生成した画像をファイルとしてキャッシュをする機能や、ASP.NET のコントロールキャッシュなどを直接利用することができるようになっている。

Sitecoreのアーキテクチャは、様々なデータプロバイダの利用を可能にする。Sitecoreが現在サポートしているデータプロバイダには以下が含まれる。

顧客とパートナー[編集]

Sitecoreは、マイクロソフト 認定ゴールドパートナーであり、2004年マイクロソフトISVパートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞した[2]

マイクロソフトSara LeeSiemensToshibaOmni HotelsComputer AssociatesWebTrendsを始めとする、2000を超える企業がSitecoreソフトウェアを利用している。Sitecoreの顧客である Atlanta Falconsチームは、そのウェブサイトで、InfoWorld 社の2007年100プロジェクト・オブ・ザ・イヤーを受賞した[3]。Sitecoreの顧客ボール州立大学は、ベスト・サイト・オブ・ザ・イヤー[4]始めとする著名な賞[要出典]を受賞している。

Sitecoreの認定実装パートナーは、世界各地300以上に広がっている。日本では、2011 年 4 月現在で11社がパートナー認定されている[5]Sitecoreソフトウェアは、教育、金融、政府医療、製造、非営利、サービス、技術、旅行、娯楽など、様々な業界で導入されている。[要出典]

出典[編集]

外部リンク[編集]