SN 386

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SN 386
仮符号・別名 SN 386
星座 いて座
分類 II型超新星
位置
赤経 (RA, α)  18h 11.5m[1]
赤緯 (Dec, δ) −19° 25′[1]
距離 14000-23000 光年
銀河 銀河系
発見
発見日 386年4月または5月
物理的性質
超新星残骸 Shell
Template (ノート 解説) ■Project

SN 386は、386年に中国の天文学者が「客星」と表現した、いて座の方角で見られた突発天体現象である[2]

超新星残骸 SNR G11.2-0.3[編集]

一般にSN 386は、超新星残骸SNR G11.2-0.3の4分ほどの対称的な円形の殻と関連があると考えられてきたが[3]、現在ではこの説は正しくないと見做されている[4] [5]。この超新星残骸の前駆天体はII型超新星とみられ、最近の研究ではII型超新星の中でもより細分化された分類であるcIIb型またはIbc型という中心核が崩壊するタイプの超新星であるとされた[4]

超新星残骸の殻の平均膨張速度は0.0277±0.0180%/年で、真の半径は約3.0パーセクであることからその年齢は1900±500年と推定されている。地球からの距離は約4,900パーセクと推定されているが、最近の電波観測によると、4,400-7,000パーセクの間という結果であった[4]

SN 386とSNR G11.2-0.3の関連は、赤外線領域では16等級に及ぶと推定されるこの超新星残骸と地球の間の非常に大きな星間吸収によって否定された。この大きな星間吸収は、この超新星爆発が肉眼では見えなかったであろうことを示唆している[4]

パルサー PSR J1811-1926[編集]

SNR G11.2-0.3の中心には電波の波長域でパルサーPSR J1811-1926またはX線源AX J1811-1926として観測される、高速で自転する中性子星が存在する。この天体は10~15秒の小さなパルサー星雲を作り出している[4][6]。このパルサーとパルサー星雲がチャンドラによって発見された際、SN 386は中国で観測されたのとほぼ同時期に形成された可能性が示唆されたが[7]、より最近のPSR J1811-1926の回転速度、回転速度の減衰率の観測結果と、電波による観測では、より古い2万年前から2万3000年前に形成されたことが示された。これが真実であれば、このパルサーがSN 386と関連しているという結論は明らかに間違っていることになる[4]。この計算結果と、超新星残骸の膨張率で求められる年齢とを比較した矛盾は、未だ解決されていないようである。

パルサーまでの距離は、2003年に約5000パーセクと推定された[8]

出典[編集]

  1. ^ a b Galactic SNRs: Detailed Listings
  2. ^ Clark, D. H.; Stephenson, F. R. (1976). “Which Historical New Stars were Supernovae?” (PDF). Q. J. R. Astron. Soc. 17: 290. Bibcode1976QJRAS..17..290C. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-data_query?bibcode=1976QJRAS..17..290C&link_type=ARTICLE. "The position of the star AD 386 corresponds very well with that of the SNR G11.2-0.3, and this leads us to make the tentative suggestion that this source is the remnant of the star." 
  3. ^ "SNR G11.2-0.3". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2016年5月23日閲覧
  4. ^ a b c d e f Borkowski, K. J. et al. (2016). “G11.2-0.3: the young remnant of a stripped-envelope supernova”. Astrophysical Journal 819: 160. arXiv:1602.03531. Bibcode2016ApJ...819..160B. doi:10.3847/0004-637X/819/2/160. 
  5. ^ Kaspi, V. M. et al. (2001-10-10). “Chandra X-Ray Observations of G11.2-0.3: Implications for Pulsar Ages”. The Astrophysical Journal 560: 372. arXiv:astro-ph/0107292. Bibcode2001ApJ...560..371K. doi:10.1086/322515. 
  6. ^ Roberts, Mallory (April 2002). “G11.2-0.3 the Remnant of SN 386 AD: Is it too good to be true?”. Albuquerque, New Mexico: American Physical Society/American Astronomical Society 
  7. ^ NASA/CXC/Eureka Scientific/M.Roberts et al, A Textbook Supernova Remnant
  8. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for PSR J1811-1926. 2016年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]