Retr0bright

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄変したスーパーファミコンのABS樹脂部

Retr0bright (Retrobright-レトロブライト) は、1980年から90年代に人気のあったコモドールMacintoshAmigaPC-9801のようなABS樹脂製の黄変したコンピュータケースを元の白色に戻すパブリックドメイン[1]の化学混合物である。黄変は主にABS樹脂に添加されている難燃化剤臭素紫外線に曝露することで引き起こされる。

Retr0brightシステムの構成は酸素系漂白剤に含まれる過酸化水素と少量の テトラアセチルエチレンジアミン(TAED)触媒、そしてUVランプである。 UVランプの代わりに日光を使用することもできる。[2]

過酸化水素
酸素系漂白剤に含まれるテトラアセチルエチレンジアミン
キサンタンガム
グリセリン
紫外灯

原理[編集]

ABS樹脂の黄ばみは大きく二つに分類できる。 ひとつはABS樹脂の材料そのものが劣化している場合、もうひとつは、ABS樹脂の添加物が化学変化を起こしている場合である。 前者は原料であるブタジエンの劣化による黄変や強度の劣化のため、これを防ぐのは困難である。 後者はさらに酸化防止剤によるフェノール黄変と、臭素系の難燃剤によるものに分類できる。

酸化防止剤による黄変は「暗所黄変」とも呼ばれ、一般的には酸化防止剤が周辺アルカリ雰囲気で変性したフェノール黄変と理解されている。 このタイプの黄変は「酸性の雰囲気に置く」「紫外線を当てる」ことで元の色に戻る。

臭素系難燃剤の劣化による黄変は紫外線によるもので、易燃性のABS樹脂を難燃化させるために配合される臭素系の難燃剤が紫外線により劣化して臭素原子が遊離し、これが空気中の酸素と配位結合して一酸化臭素を生成したり、二原子分子となって暗赤色-黄色を呈するものである。 このタイプの黄変を脱色するには、臭素酸化物の配位結合を切って、水素に共有結合(配位結合より共有結合のほうが強い)させ、表面から取り除くと良い。

この手法は紫外線によって酸化防止剤を還元し、水素源として過酸化水素水を用いることで酸化防止剤と難燃剤両方の黄変に対応するものである。 テトラアセチルエチレンジアミンのような漂白活性化剤を混入しておくと、ABS樹脂を痛めることなく短時間で漂白できる。

製作[編集]

黄変したケースやキーボードのプラスチック部位を漂白する最適な混合物のレシピと状態は以下の通りである。

  1. 過酸化水素水は濃ければ濃いほどよい。12%ならば最もよく、6%でも良いが反応に要する時間は長い。
  2. 紫外線源は日光かUVランプどちらでも良い;
  3. 1ガロン当たりティースプーン約四分の一ほど、漂白活性化剤を含む酸素系漂白剤を添加する.

キサンタンガム あるいは クズウコン をこの混合物に添加すると簡単にゲル状にすることができる。[3]

この混合物を製造したり、塗布する際は保護手袋やゴーグルをつける等の適切な安全措置をとるべきである。過酸化水素は目に入ると深刻な化学火傷を引き起こし、最悪の場合失明する可能性がある。 また、表面印刷が漂白剤によって剥がれ落ちる危険があるので、事前に目立たないところで試しておくと良いだろう。

日本で製作する場合[編集]

過酸化水素は消防法第2条第7項及び別表第一第6類2号により危険物第6類(酸化性液体)に指定されている。 また、重量%で6%を超える濃度の水溶液は毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。 これにより濃度の高いものは一般の入手が困難であるため、酸素系漂白剤のみで製作する必要がある。

日本で市販されている酸素系漂白剤は主に粉末の過炭酸ナトリウムや液体の過酸化水素が主剤である。 過炭酸ナトリウムは水に溶かすと炭酸ナトリウムと過酸化水素に乖離する。粉末系の水溶液は弱塩基性のため、フェノール劣化には効果がない。 液体酸素系漂白剤には界面活性剤やテトラアセチルエチレンジアミン同等(パーヒドロキシルイオン供給元[4])の漂白活性化剤が含まれており、劇物のハンドリングを考慮すると液体の酸素系漂白剤を利用するのが望ましい。 なお、テトラアセチルエチレンジアミン(TAED)は一部の酸素系入れ歯洗浄剤(ポリデント®など)に含まれる。これを水に溶かして使用しても良いが、比較的高価である。

グリセリンは薬局で、キサンタンガムはスーパーの菓子材料コーナーや手作り化粧品コーナーで安価に入手できる。 なおキサンタンガムは一度に入れるとダマになりやすいので、混ぜながら少量ずつ入れ、粘性を適度に調節すると良い。

面倒であるなら液体状酸素系漂白剤を透明なプラスチック容器に入れて対象を漬け込み、晴天下で数日放置しても同等の効果が得られる。 日本では花王のワイドハイター®EXパワー™での実施例[5] [6]が報告されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://retr0bright.wikispaces.com/
  2. ^ http://www.amibay.com/viewtopic.php?f=88&t=1645&hilit=retr0bright
  3. ^ http://retr0bright.wikispaces.com/Retr0Bright+Gel
  4. ^ http://slashdot.jp/science/comments.pl?sid=441507&threshold=-1&commentsort=3&mode=nested&pid=1525510
  5. ^ http://hieroglyphe.blog47.fc2.com/blog-entry-22.html
  6. ^ http://trashbox.homeip.net/nownow/20100905/

外部リンク[編集]