Red Pitaya

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Red Pitaya
RedPitaya STEMLab FPGA v1.1 frontview.jpg
メーカー Red Pitaya社
種類 シングルボードコンピュータ
プロセッサー Dual core ARM Cortex A9
メモリ DDR3 RAM 512MB (4Gb)
接続 USB 2.0Wifiイーサネット

Red Pitayaソフトウェア無線スペクトラムアナライザ等に使用できるシングルボードコンピュータである。

概要[編集]

2019年現在、増えつつあるシングルボードコンピュータ界隈では異色の高周波信号の信号処理に重点を置いたソフトウェア無線に特化した製品である[1]

開発環境[編集]

WEBアプリケーションのHTMLやJavaScriptコードは、テキストエディタで編集可能。コントローラやコマンドラインツールは、C言語で記述されているので、PC上でARMクロスコンパイラをビルドできる[1]

応用例[編集]

スペクトラムアナライザネットワークアナライザのような計測環境を比較的廉価($1000未満)で構築できる。また応用例としては試料からのプロトンの核磁気共鳴信号を受信して画像化するMRIの用途にも応用が可能[2][3]

関連項目[編集]

参照[編集]

関連資料[編集]

外部リンク[編集]