Re-Bone/リボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Re-Bone(リボーン)は、東京都台東区蔵前に本社を置く「合同会社リボーン」がデザインを手掛けるエキゾチックレザーブランド。品質に徹底的にこだわった「Made in Tokyo」ブランドとして知られており、デザインから製造まですべての工程を東京の職人が手掛ける。[1][2]

合同会社リボーン
種類 合同会社
市場情報 非上場
本社所在地 111-0051
東京都台東区蔵前4-20-12 福谷ビル2-A
設立 2016年8月19日
業種 アパレル
法人番号 6010903003266
事業内容 エキゾチックレザー製品のデザイン、販売
代表者 高島 成央
外部リンク https://re-bone.tokyo/
テンプレートを表示

概要[編集]

2016年に高島成央台東区蔵前で「エキゾチックレザーの魅力を一人でも多くの方に伝えていきたい」との想いからエキゾチックレザーブランド「Re-Bone」を創業した。

特許取得のリボーンウォレット等のエキゾチックレザーを使ったオリジナル財布から、スマホケースなどの“東京発-Made in Tokyo”のオリジナルレザーグッズを数多く手掛ける。[3][4]

同社の製品は男性ファッション誌「LEON」や「別冊ライトニング」「J-WAVE」でも紹介されるなど、最高級レザーブランドとして多くの支持を得ている。[5][6][7]

沿革[編集]

  • 2020年9月25日 男性ファッション誌「LEON」にて紹介される[8]
  • 2020年 アシェット・コレクションズ・ジャパン(株)「はじめてのレザークラフト」にて3号にわたり製品が紹介される(28、29、33号)[9]
  • 2020年2月21日 偏愛と日常を届けるインタビューメディア「aboutalk」にて取材記事掲載[10]
  • 2019年11月28日 J-WAVE「STEP ONE」出演[11]
  • 2019年11月25日 男性ファッション誌「LEON」“リッチな遊びを自在に楽しめるカロングの2WAYクラッチ”が紹介される[12]
  • 2019年10月30日 “別冊ライトニング”「東京クラフト図鑑」にて紹介される[13]
  • 2019年10月 日本で知られていない幻のヘビ革「Cat's-eye(カロング)」の認知度を広める為の手段として、クラウドフファンディングに挑戦[14]
  • 2019年 世の中の旬な情報を動画で紹介する「Trend Map」にて、インタビュー動画が配信される。(※2020年10月現在閉鎖中)
  • 2018年11月24日 男性ファッション誌「LEON」「ブルーエキゾがアナタをリッチに染め上げます」にて紹介される
  • 2017年9月24日 男性ファッション誌「LEON」『日常をリッチに彩る、いま知るべき12の「エキゾブランド」』として紹介される
  • 2016年8月19日 合同会社リボーンを設立
  • 2016年7月28日 収納具に関する特許取得(特許特許6043905号)

エキゾチックレザー[編集]

エキゾチックレザーとはクロコダイル(ワニ革)・リザード(トカゲ革)・パイソン(ヘビ革)などの爬虫類皮革に加え、オーストリッチ(ダチョウ革)・シャーク(サメ革)・エレファント(ゾウ革)などの希少性の高く独自の模様を持つ皮革の総称である。[15]

リボーンウォレット[編集]

「カスタマイズできる財布」として、代表の高島によって考案された収納具で、2016年に特許も取得している(特許6043905号)。中央のフラップで切り離すことや、カスタマイズも可能で、財布を閉じている状態でもラウンド財布のようにファスナーを開いて出し入れも可能である。[16][17]

2020年9月より通常のリボーンウォレットの進化版として『リボーンウォレット・改』を発表。

これは従来のリボーンウォレットの売りであった“カスタマイズできる”財布でありながら、財布単体でしか販売していなかった(二個買わなければカスタマイズできない)リボーンウォレットを“カスタマイズしたものをそのまま購入”できるようにしたもので、ウォレットバッグとしても持てるようになったものである。

脚注[編集]

  1. ^ 『皮革に製品としての生命への愛を』Exotic leather (エキゾティックレザー,エキゾチックレザー)を中心としたMade In Tokyo のオリジナル長財布とバッグ、革小物のオフィシャルショップ | リボーン/Re-Bone” (日本語). 『皮革に製品としての生命への愛を』Exotic leather (エキゾティックレザー,エキゾチックレザー)を中心としたMade In Tokyo のオリジナル長財布とバッグ、革小物のオフィシャルショップ | リボーン/Re-Bone. 2020年10月2日閲覧。
  2. ^ Made in Tokyoのエキゾチックレザー製品を届けたい、Re-Bone(浅草・蔵前)の高島社長” (日本語). aboutalk. 2020年10月2日閲覧。
  3. ^ リボーン コンセプト Re-Bone=Reborn(bone)+loved one” (日本語). リボーン コンセプト Re-Bone=Reborn(bone)+loved one. 2020年10月18日閲覧。
  4. ^ MADE IN TOKYO へのこだわり<パリコレ出展ブラン度も手掛ける東京の職人>” (日本語). MADE IN TOKYO へのこだわり<パリコレ出展ブラン度も手掛ける東京の職人>. 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ Re-Boneのこだわり” (日本語). Re-Boneのこだわり. 2020年10月2日閲覧。
  6. ^ 【LEON別注】 "ビズ"にも"旅"にも効く! エキゾチックレザーバッグ12選 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト” (日本語). www.leon.jp. 2020年10月2日閲覧。
  7. ^ メディア掲載、プレスリリース情報” (日本語). メディア掲載、プレスリリース情報. 2020年10月18日閲覧。
  8. ^ 製品番号:RW-K-HPCG|LEON2020年11月号掲載商品|プロダクトギャラリー|Exotic Leather”. www.exoticleather.jp. 2020年10月18日閲覧。
  9. ^ はじめてのレザークラフト”. Hachette Collections Japan. 2020年10月3日閲覧。
  10. ^ Made in Tokyoのエキゾチックレザー製品を届けたい、Re-Bone(浅草・蔵前)の高島社長” (日本語). aboutalk. 2020年10月2日閲覧。
  11. ^ J-WAVE STEP ONE”. www.j-wave.co.jp. 2020年10月2日閲覧。
  12. ^ 製品番号:2Waybag-S&C/K-N.B|LEON2020年1月号掲載商品|プロダクトギャラリー|Exotic Leather”. www.exoticleather.jp. 2020年10月2日閲覧。
  13. ^ 別冊Lightning Vol.217 東京クラフト図鑑”. エイ出版社. 2020年10月2日閲覧。
  14. ^ 〜『日本唯一』ここでしか手に入らない!〜幻のヘビ革・カロングマット・天然の美しさ” (日本語). camp-fire.jp. 2020年10月3日閲覧。
  15. ^ 【“希少にして繊細な革”エキゾチックレザーについて】エルメス,シャネル,ルイヴィトンなどの高級ブランドも認めた魅力とは” (日本語). 【“希少にして繊細な革”エキゾチックレザーについて】エルメス,シャネル,ルイヴィトンなどの高級ブランドも認めた魅力とは. 2020年10月3日閲覧。
  16. ^ 特許情報プラットフォーム”. www.j-platpat.inpit.go.jp. 2020年10月2日閲覧。
  17. ^ Re-Bone Wallet/リボーンウォレット” (日本語). Re-Bone Wallet/リボーンウォレット. 2020年10月2日閲覧。

外部サイト[編集]