OpenAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OpenAM
OpenAM-web-transparent.png
Openamconsole.png
OpenAM管理コンソール
初版 2010年02月7日(4年前) (2010-02-07
最新版 Release 10.0.1 / 2012年12月13日(15か月前) (2012-12-13
プログラミング言語 Java
対応OS クロスプラットフォーム
対応言語 英語, フランス語, ドイツ語, スペイン語, 日本語, 韓国語, 中国語
サポート状況 開発中
種別 アイデンティティおよびアクセス管理
ライセンス CDDL
公式サイト http://www.forgerock.com/openam.html
テンプレートを表示

OpenAMは、オープンソースのアクセス管理、エンタイトルメント、フェデレーション·サーバーのプラットフォームである。

2010年2月にForgeRockは、現在Oracleではプロジェクトでの開発中止が決定されたOpenSSOの開発とサポートを、Sunから継続することを発表。 [1] ForgeRockは、OracleがOpenSSOの製品名で権利を保持するように、製品名をOpenAMに変更した。

ForgeRockは、Sun Microsystemsのオリジナルのロードマップを提供し続けることを発表している。[2][3]

機能[編集]

OpenAMのリリース[編集]

ForgeRockのOpenAMのリリースは、SunのOpenSSO Enterpriseリリースに相当する。Sustainingパッチでフルサポートが可能。

OpenSSOスナップショット[編集]

ForgeRockのスナップショットリリースは、SunはOpenSSO Expressリリースと同等。修正はナイトリービルドで取り込まれ、完全なサポートが可能となっている。

参照[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]