Nkm wz.38 FK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nkm wz.38 FK
Nkm wz38 FK.jpg
The gun in light infantry configuration
種類 重機関銃
原開発国 ポーランドの旗 ポーランド
運用史
配備期間 1938-1939
配備先 ポーランド
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 Wawrzyniec Lewandowski
開発期間 1938
製造業者 Fabryka Karabinów
値段 30,000 ズウォティ (tank version)[1]
製造期間 1938-1939
製造数 55
諸元
重量 57.6キログラム (127 lb)
全長 2,015ミリメートル (79.3 in)
銃身 1,476ミリメートル (58.1 in)
全幅 202.5ミリメートル (7.97 in)
要員数 3 (PL 20A mount)/ 6 (PL 20B mount)

砲弾 20×138mmB弾
砲弾重量 320g
口径 20 mm
砲身 1,476ミリメートル (58.1 in)
作動方式 blowback
初速 856metres per second (2,810 ft/s)
有効射程 5,000メートル (5,500 yd)/7,000メートル (7,700 yd)
装填方式 box/drum

Nkm wz.38 FKは、第二次世界大戦ポーランド軍が使用した重機関銃である。 対戦車と対空の目的で使用され、TKSに搭載された。 1938年~1939年にかけて生産されポーランド侵攻で活躍した。

装甲貫通力[編集]

  • Penetration Capacity:
距離(m) 装甲厚(mm)
Hardened Steel
100 20
200 18
300 17
400 15
500 13
Steel
300 25
400 23
500 20

1939年当時のドイツ軍が使用していたIV号戦車38(t)戦車の装甲を貫通することが出来た。

References[編集]

  1. ^ (ポーランド語) Rajmund Szubański (1989). Polska broń pancerna 1939. Warsaw: Wydawnictwa MON. pp. 334. ISBN 831107660X. , as cited in: (ポーランド語) Michał Derela (2001年). “The prices of Polish armament before 1939”. PIBWL. 2011年4月7日閲覧。