Nimda

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Nimda(ニムダ)は、2001年9月に識別されたワームの一種で、ファイルに感染するコンピュータウイルスでもある。

名称は「admin」を逆から綴ったものである。

素早く拡散し、Code Red と同様の経済的損害を発生させた。複数の拡散方法を持っているため、Nimda はわずか22分でインターネット上で最も広く拡散したウィルス / ワームとなった。メディアではアメリカ同時多発テロ事件と関連付けて、アルカイダが Nimda を開発したのではないかとの憶測がなされたが、証拠は特になく、陰謀論の域を出なかった。Nimdaの作者は不明。

Nimda はWindows 9598MeNT2000 が動作するクライアント(パーソナルコンピュータ)と Windows NT および 2000 が動作するサーバに感染した。

感染手法[編集]

Nimda がモリスワームや Code Red に比較して感染力が強いのは、以下の5種類の感染経路を持っていたためである。

特に電子メールは、感染したコンピュータ内のメールアドレス帳から他の人のメールアドレスを送信元とするよう偽装するので、感染元の確認が非常に難しい。

外部リンク[編集]