NDISWrapper

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NDISWrapper
開発元 Jan Kiszka, Giridhar Pemmasani, Pontus Fuchs
最新版
1.63 / 2020年5月3日 (14か月前) (2020-05-03)
対応OS Linux
種別 ドライバラッパー
ライセンス GPLv2
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
Ndisgtk

NDISWrapperは、無線LAN用のネットワークカードに付属するWindows向けデバイスドライバLinuxで使えるようにするフリーソフトウェアである。すなわち、LinuxカーネルにWindowsカーネルの一部機能とNDISAPIの実装を互換レイヤーとして提供するソフトウェアである。多くの無線ネットワークカードベンダーは Linux 向けドライバをリリースしていないので、LinuxディストリビューションにはNDISWrapperが含まれていることが多い。

使い方[編集]

NDISWrapperは、Linux上でネットワークカードのWindows向けドライバを利用できるようにする。最低限、ドライバのinfファイルと.sysファイルが必要である。

例えばdriverという名前のドライバがあるとする。ファイルとしてはdriver.infとdriver.sysがあり、vendorid:productidは0000:0000であるとする。NDISWrapperはドライバを/etc/ndiswrapper/driver/にインストールする。このフォルダには以下の3つのファイルがある。

  • 0000:0000.conf - infファイルから抜き出した情報が格納されている。
  • driver.inf - 本来のinfファイル
  • driver.sys - 本来のライバ本体

グラフィカルなフロントエンド[編集]

NDISWrapperのグラフィカルなフロントエンドとして、NdisgtkやNdisConfigがある。これらを使うと、完全にグラフィカルな環境でNDISWrapperを使うことができる。

類似プログラム[編集]

類似のプログラムとして次のものがある。

Linuxant DriverLoader (Linux)[編集]

DriverLoaderはNDISWrapperと同等の機能を提供するLinux向け商用ツール

Project Evil (BSD)[編集]

FreeBSDおよびNetBSDベースの同等プロジェクトとしてProject Evilがある。NDISWrapperとほぼ同じ方法だが、OpenBSDは反バイナリ・ブロブ主義であるためProject Evilには参加していない。Project EvilにはNDISWrapperのUSBサポートなどの機能が存在しない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]