Micral

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Micral
Micral P1160162.jpg
シテ科学産業博物館に展示されているMicral
開発元 R2Eフランス語版
種別 パーソナルコンピュータ

Micral1973年に発売されたMicral Nを始めとするマイクロコンピュータのシリーズ。フランスの企業 Réalisation d'Études Électroniques (R2Eフランス語版) によって製造・販売された。コンピュータ歴史博物館によれば、Micral Nはマイクロプロセッサをベースとした最初期の商用完成品パーソナルコンピュータであるとされている。

歴史[編集]

最初のモデルは1972年6月にR2Eの創業者であるアンドレ・チュオン (André Truong) によって、フランス国立農学研究所フランス語版 (INRA) から蒸発散量の測定・計算システム用途でPDP-8より安価であることを条件とした要求を受けて開発された[1][2]

1972年にその最初のプロトタイプが開発された[3]。それはIntel 8008 8ビットマイクロプロセッサを500kHzで駆動し、2KBのRAMを搭載していた[4]。"Pluribus"という74ピンのライザーカードを11または22スロット搭載し、様々な拡張カードを搭載できるよう設計されていた。このアーキテクチャはカードを増設あるいは古いカードを新しいカードに置き換えることで機能の拡張を容易にした。これにはフロントパネルのスイッチで制御するシステムコンソールオプションが含まれる[5]。顧客の要求に合わせてカスタマイズが可能であった。

装置のプログラミングはTTYまたはモデムから行う[6]。開発チームのBenchetritはモニタプログラムのMONIC (Monitor Micral 01) とアセンブラASMIC (Assembler Micral 01) をROMで供給した。

1973年1月15日にINRAと受注契約が成立した[7]。この最初のモデルはMicral Nとして市販された。Micral Nは1972年当時としては低価格の8500フランス・フランで販売された。パリのフランス国立工芸院[8]やマウンテンビューのコンピュータ歴史博物館[9]に展示されている。

フィリップ・カーンはMONICの後継にあたるSYSMICの開発に従事した。カーンとチュオンの付き合いは1980年代から1990年代まで続き、その間カーンはボーランドStarfish Software英語版Lightsurf Technologies英語版を設立した。チュオンはカーンとともにStarfish Softwareで同期化ソフトウェアの開発に従事した。

Micral P2

1978年、R2Eは個人用コンピュータの早期開発に取り組んでいたCII-Honeywell Bullに吸収された。1983年にブランド名がBull Micralに変更された[10]

SYSMICオペレーティングシステムは1978年にPrologue (オペレーティングシステム)フランス語版へと名称が変更された。Prologueはリアルタイム・マルチタスク処理が可能で、マルチユーザーをサポートしていた。Micralは後にCP/M[11]MS-DOSをサポートするようになり、やがてIBM PC互換機へシフトした。

参考文献[編集]

  • Philippe Chatelin et Pierre Mounier-Kuhn (éds.), Colloque sur l'histoire de l'informatique en France, Paris, CNAM, 1990 (lire en ligne) 2-9502887-3-1
  • R. Bul (1973-02). “Un miniordinateur pour moins de 8500FF” (フランス語). Zero un informatique 228: 1, 5. 
  • Société des ingénieurs civils de France (1975) (フランス語). Sciences et techniques. p. 15. https://books.google.com/books?id=3JEiAQAAMAAJ. 
  • “Micral 90-20” (フランス語). Science et Vie 9: 82. (1982). 
  • Pierre Mounier-Kuhn, « Le micro-ordinateur : une invention simultanée », Pour la Science, mars 2002.

脚注[編集]

  1. ^ Le saviez-vous : le premier micro-ordinateur de l'histoire est né de la rencontre entre l'agronomie et l'informatique - Agrisalon”. www.agrisalon.com. 2015年11月23日閲覧。
  2. ^ Un PDP-8 4K coûte en 1972 près de 45,000 FF soit 43,026 euros en 2011, calcul effectué via le site France Inflation.
  3. ^ “Rencontre avec François Gernelle” (フランス語). Le Petit Versaillais 12: 9-10. (2014-12). http://fr.calameo.com/read/003008415d6d0788786d5. 
  4. ^ Rodriguez François (Coord.); Vignolle Jean (Coord.) (April 1998) (フランス語). Histoire de l'informatique : actes du V colloque, Toulouse, 28-30 avril 1998. Cépaduès. http://www.etab.ac-caen.fr/lebrun/histoire/MicralGernelle1998.pdf. 
  5. ^ Réalisations Études Électroniques (英語). http://bitsavers.org/pdf/r2e/MICRAL_N_Users_Manual_Jan74.pdf. 
  6. ^ De type Teletype ASR-33, utilisable avec des cartes ou du ruban perforé.
  7. ^ Philippe Chatelin et Pierre Mounier-Kuhn, Colloque sur l'histoire de l'informatique en France, 1990 - (lire en ligne)
  8. ^ Micro-ordinateur dit "MICRAL N"” (fr). Conservatoire national des arts et métiers, recherche sur les collections. 2015年11月23日閲覧。
  9. ^ Desktop computer - Micral”. Computer History Museum, recherche sur les collections. 2015年11月25日閲覧。
  10. ^ Recherche sur la marque Micral”. Office de la propriété intellectuelle du Canada. 2015年11月27日閲覧。
  11. ^ (英語) InfoWorld. InfoWorld Media Group, Inc.. (1979-02-28). p. 16. https://books.google.com/books?id=FD4EAAAAMBAJ 2015年11月26日閲覧。.