MDS診断用フローサイトメトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

骨髄異形成症候群(MDS)の診断根拠である細胞の形態異常の判定には、客観性を欠くという欠点がある。このため誤ってMDSの診断を受けたり、逆に見逃される可能性もあり、そういった場合大きな不利益を生じることになる。この問題を解決するために考案されたのが、MDS診断用フローサイトメトリーである。

開発の歴史と現状[編集]

MDSのフローサイトメトリー検査は、2000年頃には、日本の緒方清行博士(東京血液疾患研究所)、米国のMichael Loken博士(Hematologics, Seattle)らによって研究されていた [1][2]。2006年、国際MDS財団のJohn Bennett博士、ウイーン医科大学のPeter Valent博士らの呼びかけで、緒方博士、Loken博士を始め、世界最大の造血器腫瘍研究グループであるEuropean Leukemia NetのArjan van de Loosdrecht博士らがウイーンに集まり、この問題を討議した [3]。その後、彼らは共同研究を進め、緒方博士の考案した方法を基にしたMDS診断用フローサイトメトリーを発表している [4]。日本でも、一部の病院ではこの検査を受けることができる。現在この方法は、2013年7月改訂のNCCN Guideline( *National Comprehensive Cancer Network Guidelines 米国がんネットワークの診療ガイドライン)で、MDS診断の標準法として推奨されている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ogata K, Nakamura K, Yokose N, Tamura H, Tachibana M, Taniguchi O, Iwakiri R, Hayashi T, Sakamaki H, Murai Y, Tohyama K, Tomoyasu S, Nonaka Y, Mori M, Dan K, Yoshida Y. Clinical significance of phenotypic features of blasts in patients with myelodysplastic syndrome. Blood 100, 3887-3896, 2002
  2. ^ Wells DA, Benesch M, Loken MR, Vallejo C, Myerson D, Leisenring WM, Deeg HJ. Myeloid and monocytic dyspoiesis as determined by flow cytometric scoring in myelodysplastic syndrome correlates with the IPSS and with outcome after hematopoietic stem cell transplantation. Blood 102, 394-403. 2003
  3. ^ Valent P, Horny HP, Bennett JM, Fonatsch C, Germing U, Greenberg P, Haferlach T, Haase D, Kolb HJ, Krieger O, Loken M, van de Loosdrecht A, Ogata K, Orfao A, Pfeilstöcker M, Rüter B, Sperr WR, Stauder R, Wells DA. Definitions and standards in the diagnosis and treatment of the myelodysplastic syndromes: Consensus statements and report from a working conference. Leuk Res 31, 727-736, 2007
  4. ^ Della Porta MG, Picone C, Pascutto C, Malcovati L, Tamura H, Handa H, Czader M, Freeman S, Vyas P, Porwit A, Saft L, Westers TM, Alhan C, Cali C, Van de Loosdrecht AA, Ogata K. Multicentre validation of a reproducible flow cytometric score for the diagnosis of low-risk myelodysplastic syndromes: results of a European LeukemiaNET study. Haematologica 97, 1209-1217, 2012
  5. ^ Greenberg PL, Attar E, Bennett JM, Bloomfield CD, Borate U, De Castro CM, Deeg J, Frankfurt O, Gaensler K, Garcia-Manero G, Gore SD, Head D, Komrokji R, Maness LJ, Millenson M, O’Donnell MR, Shami PJ, Stein BL, Stone RM, Thompson JE, Westervelt P, Wheeler B, Shead DA, Naganuma M. Myelodysplastic Syndromes: Clinical Practice Guidelines in Oncology. Journal of the National Comprehensive Cancer Network 11, 838-874, 2013