MA-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MA-1ボマージャケット

MA-1は、フライトジャケットの一種である。アメリカ軍における軍用品規格番号はMIL-J-8279からMIL-J-8279Gまでの八つ。アルファ・インダストリーズ[1]製のものが広く流通しているが、他にスカイラインクロージング等の軍納入業者の物が確認されている。

導入の背景[編集]

軍用機の多くがプロペラ機からジェット機に移行するに従って飛行高度も高くなり、フライトジャケットに付着した水分が氷結して乗組員の活動の妨げになることがわかったため、それまでの革製フライトジャケットではなくナイロン製のフライトジャケットが考案された。1950年代初頭に、先行するB-15型フライトジャケットの後継としてアメリカ空軍が開発したのが、このMA-1型フライトジャケット(ボマージャケット)である。

特徴[編集]

狭い軍用機内で様々な機材や機器にひっかからないよう、極めてシンプルな外見を与えられている。また、後ろ身頃の丈が前身頃(腹側)より短くなるようにされている点にも特徴がある。これは航空機のシートに座った際に、尻と腰の間に生地が挟み込まれないためである。

リバーシブル[1]で、外側はセージ・グリーン(Sage Green )というくすんだ緑色になっている。当初はミッドナイト・ブルーという青色であったが、朝鮮戦争などを経て、地上でのカモフラージュになりやすい緑色に落ち着いた。内側はインディアン・オレンジというエマージェンシーカラー[1]の橙色[1]になっている。

インターミディエイトゾーン用、すなわち10から-10℃の気温で着用される。フライトジャケットだがグランドクルーの防寒用ジャンパーとしても使用された模様である。縫製は極端に目の詰まった縫製が縫い目に奥のシワを生み出し、このシワがインナーライナーを固定するとともに保温効果も出している[1]

斜めにカットされたハンドウォーマー、上腕部にシガーポケットとペンホルダーを装備するなど独特のデザインになっている[1]

アメリカ海軍やアメリカ陸軍にも採用され、1950年代から1980年代を通じ[1]フライトジャケットの定番となった。派生型として、フードが付けられたN-2Bタイプや、更に丈が長いコートタイプのN-3Bタイプがある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『アウトドア用品』p.152。

参考文献[編集]